双調平家物語〈11〉平家の巻(承前)

著者 : 橋本治
  • 中央公論新社 (2003年12月発売)
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784124901313

双調平家物語〈11〉平家の巻(承前)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 悪源太義平の最期から、頼朝流罪、常盤の嘆願、平滋子入内、清盛太政大臣に。

  • ようやく清盛の時代へ。

    野心を出すと拒否され、出さないとあれよあれよと力が集まってくる。清盛の時代になるのは、時代の要請だったのか。

    自覚を持ち出した時が衰退の兆しなのは、今までの権力者と同じなのだろうなぁ。

    あと四巻、がんばろうっと。

  • 義朝の子らの処遇。池の禅尼による頼朝の命乞い。摂関家と清盛の結びつき。藤原邦綱の存在。50歳の春太政大臣に。
    ここに描かれている清盛は荒ぶらず野心がない。

    1年以上中断していたが、大河ドラマにあわせて読書再開。

  • すったもんだの末、頼朝が島流しに。
    そこらへんのいきさつは目が滑りに滑って頭に入っておりまへん。

    忘れた頃に再登場の忠通は、貫禄たっぷりでちょっといいかもと思った。

    清盛がどっちかというと慎重でナンバーワンになりそうな雰囲気じゃないなあと思っていたら、最後でおおっ、という展開に。
    (10.08.10)

    遠いほうの図書館。
    (10.07.25)

全4件中 1 - 4件を表示

双調平家物語〈11〉平家の巻(承前)のその他の作品

橋本治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

双調平家物語〈11〉平家の巻(承前)はこんな本です

ツイートする