旭日の艦隊〈5〉英本土上陸開始 (C・NOVELS)

著者 :
  • 中央公論社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784125002484

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 独逸第三帝国の進撃が止まらない。

    欧州大陸を制し、地中海から北アフリカ、中東そして印度へ。

    またロシアを席巻し、ウラルまで。

    そしていよいよ英国への進撃を開始した。

    艦隊シリーズもついに陸軍が登場し、欧州では外人部隊を組織して独逸に鉄槌を加える。

    外人部隊を指揮するのは、千葉州作大佐。

    英国を捨石にして、地球囲碁を打つ大高首相の経済学的優位はどこに・・・。

    ふと考えると日本ではこんな著書が出ているが、日本を悪とする同じような小説がドイツにもあるのかもしれない。

    そこで日本はどのように描かれているのだろう?

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

YOSHIO ARAMAKI.
あらまき・よしお
1933年小樽市生まれ。
早稲田大学で心理学、北海学園大学で
土木・建築学を修める。
日本SFの第一世代の主力作家の一人。
戦争シュミレーション小説『旭日の艦隊』、
『紺碧の艦隊』シリーズは空前のベストセラーに。
SF作品の代表作を網羅した
「定本 荒巻義雄メタSF全集」(全7巻+別巻)が
彩流社より刊行されている。
現在も札幌で作家活動を意欲的に続けている。

荒巻義雄の作品

ツイートする