皇国の守護者〈4〉壙穴の城塞 (C・NOVELSファンタジア)

著者 :
制作 : 塩山 紀生 
  • 中央公論新社
3.72
  • (44)
  • (34)
  • (83)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 367
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784125006314

作品紹介・あらすじ

「皇国」軍の奇襲作戦は、ユーリア率いる「帝国」軍の巧みな反撃により崩壊した!!内地を潰走し続ける皇都の防人達だが、新城率いる近衛鉄虎兵大隊は唯一整然と後退していた。絶望的状況で新城に死守命令が下る。大地を覆う精兵率いるユーリアと未完の城塞で待ち受ける新城、壙穴の戦場は砲声と血で満ち始める。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/04/04-04/07

  • これはまた、どうなるのやら

  • 読んだきっかけ:漫画が面白かったから。

    かかった時間:2/10-2/12(3日くらい)

    内容:第4巻は、501部隊の反撃失敗から六芒郭籠城、脱出戦まで。

    武揚伝を読んだ後だけに…五稜郭を思い出します。
    武揚さんも篭城戦、できなかったなぁ。
    強大な火力の前に城砦の時代は終わりを告げるのでした。
    実際の歴史では、ここより要塞の時代が始まるのでしょうね。

  • 姫様が新城に固執する理由がイマイチわからない。新城のこれからなど物語には惹き付けられる。

  • 途中のほうはいいが、ラストのほうがそうですか、という感じ。若者が出たかと思ったが、そうでもなく。

  •  唐突に防衛戦がはじまっていました。この方、未来を書いて過去に戻ることがしばしばあるので、巻を間違えたかと思ってしまいますね。
     戦闘の書き方いいなあ。しかし躊躇いなくがつがつひとが死んでいくので、次は誰かとひやひやします。

  •  3巻を読んで久しいので自分のために4巻のあらすじ。 帝国軍元帥ユーリアは迅速な皇国の制圧を望んでいる一方で、新城の反撃の手段を期待してもいた。新城らが籠もった城塞・六芒郭は戦略上重要な皇龍道を少し外れたところに建つ。現在も南突角堡が建設中途であり、帝国軍もここに狙いを定めて攻撃してきた。 皇国軍が用意した火砲の威力で、塞を落とそうとする帝国軍は甚大な人的被害を出す。カミンスキィは六芒郭を迂回しない姫の思惑を読み取る。「あの男にうつつをぬかしておられる」と。 だが姫は複数の翼龍に攻城弾攻撃をさせる作戦で、一気に塞を戦闘不能状態に叩き込んだ。ユーリアの降伏勧告を蹴り、誰もが降伏か玉砕を覚悟したが、駒州軍と龍州軍が威力捜索の名目で帝国軍と衝突したことを導術が知らせてきた。 新城は六芒郭を捨て、あまつさえユーリアを殺害しておいて逃げるという奇策をたて、実行に移した。 同時刻、辺境領姫に不満を抱く貴族たちが暗殺を企てて彼女に迫っていた。そこへ踏み込んだ新城たちは、ユーリアを連れて脱出することになった。ああもう、あらすじだけで書くの大変!

  • 未読

  • 六芒郭の攻防ですが、たった数日の攻防とは思えないほど濃い内容でした。<br>
    意外と一途(?)な男カミンスキィと丸枝中尉に萌えました。

  • 2007.09.11

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ。『皇国の守護者』(中央公論新社)などの著書多数。富士見書房では、シリーズ累計300万部突破の大ヒット作『学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD』の原作を担当

「2017年 『エルフと戦車と僕の毎日 II 我が祖国の名は(上)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

皇国の守護者〈4〉壙穴の城塞 (C・NOVELSファンタジア)のその他の作品

佐藤大輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする