ドラゴンキラー売ります (C・NOVELSファンタジア)

著者 :
制作 : カズアキ 
  • 中央公論新社
3.40
  • (4)
  • (17)
  • (26)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 131
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784125010083

作品紹介・あらすじ

寒い寒い冬がやってきた。なのに俺の事務所はストーブも売り払ったほどの極貧状態。それもこれも人の十倍は飯を食う超人ドラゴンキラーを2匹(+少女アルマ+黒猫)も養わされているからだ。そんなある日、記憶喪失という少年が現れるが、唯一アルマのことは憶えてるとか言いやがって胡散臭いことこの上ない。さらには、マルクト帝国が皇女アルマの奪還を議決したと聞き…。ハードボイルド・ファンタジーとりあえず完結…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館から借りました
    ドラゴンキラーあります
     ドラゴンキラーいっぱいあります
     ドラゴンキラー売ります

    レビューは「ドラゴンキラー売ります」にまとめて。


    ファンタジー。全三巻。
     ハード・ボイルド。


     このC・NOVELSから出ているわりには、お口が悪い主人公ですな。
     無法の街に住む便利屋のココは、皇女アルマ(9歳の策士)と護衛のドラゴンキラーのリリィと知り会い、面倒を見るはめになる。
     巻が進むに従って、ココが面倒を見る大飯食らいのドラゴンキラーを一人ずつ増やすことになる。
     貧乏だ、面倒だ、やっかいごとだと、ぼやきながらも。
     幸せなのだろうな、この男。

     なんとなーく・・・合わない。
     なんか微妙。
     おもしろくない訳ではないけど、うーん???


     アルマの成長がすばらしい。
     色仕掛けもこなし、計略もできるし、何よりココを動かすすべを心得ている。
     将来は、悪女になることでしょう。素直に王様になるとよいかもなー。

      

  • 増えてもね

  • ドラゴンキラーが無駄に多過ぎる。
    相変わらずアイロン、居ても居なくても良いような感じだし・・・。

    あやうく2つ星にするところだったけど、最後の最後で踏みとどまった。
    最終章からエピローグにかけての、ココとリリィのやり取りがすごく良かった。アルマもそうだけど、いつからそんなやり手になったの?
    男性陣色んな意味で弱過ぎる。

    ラストはうまくまとまったとはいえ、主要メンバーの二人以外は何か影が薄いというか、いまいち個性が見えてこなかったのが残念。

    「だから俺は必死だ。自分の女も救えない甲斐性無しにはなりたかねえからな。命だって張る。何度でも、何度でもだ」

  • シリーズ最終巻のせいか、景気良くばんばん人が死ぬ。
    名前がついててもキャラ紹介で顔絵を描いて貰ってても安心できない。

    ココとリリィはすっかり夫婦漫才で、アイロンは相変わらず影が薄く、事務所貧乏でみんな元気。
    ほんとこの遣り取りしょうもないわいと思いつつ最後まで楽しく読めたので、面白かったんだと思う。いや面白かったよ!
    ラストのココがあっさり納得しちゃってちょっと拍子抜けしたけど大団円だからしょうがない。

    まあでもドラゴンキラーの人たちは自分の食費ぐらいは自分で出したほうがいいと思うよ。

    ココが超能力とか神の力とかの巨大な主人公補正を手に入れなくて本当に良かった。
    最後まで口だけの小悪党でいてくれてとても嬉しい。

  • 絵は好きだけど、作品自体はあまり好きになれませんでした。
    あと何作品後かの本を読んでみたい。

  • 最終巻。
    拾った男の子は皇女派のドラゴンキラーだった。
    ついにアルマに皇女派の手が伸びてきた。
    リリィも洗脳され、ココは逃げる方が得策と思いながらも、事態に飲み込まれることに。
    なんだかんだで、ドラゴンキラーが一人増えつつ、これからも同じ生活が・・・という感じで。

  • ココは小悪党だけど、結局お人良しだから集まってくるのかも。
    貧乏くじを引いただけかも

  • ドラゴンキラーシリーズの第3巻。このシリーズは全て通して言葉とか行動が下品であるのに結構面白い。シリーズが終わってしまうのが勿体無い気もするが、またこのシリーズが復活したら読みたい1作である。

  • 「お前らには負けるよ」―――…ココ

    ついに完結編の登場!
    ドラゴンキラーがさらにもう一人増えてしまった事で、冬の寒さが身にしみる(ストーブすら売り払った)
    今日この頃、アルマの事は覚えているが、それ以外は記憶喪失の少年と出会う。
    胡散臭い…。
    さらにはマルクト帝国が皇女アルマの奪還を議決したらしい――!!?

  • シリーズ第3弾完結編(?)。

    数万人に一人、というドラゴンを殺せる人間=ドラゴンキラー密度がさらに倍増。
    そして主人公の事務所のエンゲル係数は跳ね上がり、死体増産率も話が進むごとに増えているんですが…。

    「寒い寒いバスラントの冬。なのにココの事務所はストーブさえ売り払うほどの極貧状態。そこに、マルクト帝国議会が皇女アルマ奪回を決議して……。」

    終わり方に納得いくようないかないような…。
    要するに、最強なのはアルマ、ということで。

全12件中 1 - 10件を表示

ドラゴンキラー売ります (C・NOVELSファンタジア)のその他の作品

海原育人の作品

ツイートする