芸術を創る脳: 美・言語・人間性をめぐる対話

制作 : 酒井 邦嘉 
  • 東京大学出版会
3.53
  • (4)
  • (3)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 165
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130033718

作品紹介・あらすじ

芸術には人びとの心を打つ,何か根源的な力が存在する――「音楽」「将棋」「マジック」「絵画」で作品や技術が生み出される過程や,そうした創造的能力に必要な脳の条件とはどういうものか.人間の言語能力を手がかりにして,美的感覚というものを背景とした「芸術の力」の核心に迫る.各分野の第一人者と,気鋭の言語脳科学者による知的対談.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【配置場所】工大選書フェア【請求記号】704||S【資料ID】91141641

  • 登壇者の人選は素晴らしいのに、なんだかいまいち面白みに欠けるような、茫洋とした印象のまま、終わった。
    何がそうなんだか、判然としない。

    前田さんの本、読んでみようかな。

  • テーマ、対談相手の選定ともに良く、会話も教養ある落ち着いたものだが、タイトルから期待する内容には程遠い、良くも悪くも単なる対談。
    漠然とした仮説を確かめるための引水、なまじ相手についての勉強をしているがために上っ面をなでてしまっている。お互いの知がぶつかり合って新物質が生まれる、とはいかなかった。

  • 絵が好きなので、絵画に関する感想が主。

    千住さんの
    「美術とは見えないものを見えるようにする」という言葉に「そうなのか!!」と、目からうろこが落ちた。
    でも言われてみれば、確かにそうだわ。
    絵を見て、これまでにどこかで感じた何らかの感動をその絵の中に見出した時に、無性にその絵に惹かれてるし。

    あと芸術とは対話だという言葉も、「ああ!そうかも」と感じた。
    絵を見ている時、心の中で絵に話しかけたりするし。
    あと、風景画ならその時代にその風景の中で生きてた人たちの営みを想像するし、動物画だとその動物の一生を想像する。これも絵との対話だと思う。

    逆に音楽は対話というより、自分の心を見つめなおすなぁ…。コンサートだと逆にもったいなく感じるんだけどね。

  • 東大の脳の言語機能について研究してる教授と、芸術に関わる各著名人との対談集。

    言語と芸術との共通項目とはなにかという、あまりテーマ的には惹かれるものではなかった。
    ただ、対談としてはお互いの仕事に理解があるため、なかなか具体的な例が多くあげられていておもしろく読めた。

    印象的だったのは以下。
    ・オーケストラのリハというのは全部行わない。20〜30%の余地を残してリハを終える
     →適度な緊張感や自由度をつくりライブを盛り上げる

    ・楽器のダイナミックレンジを細かく分割して表現することは芸術性を高める
     →楽器で表現できるオクターブは制約だが、その範囲の分割数を多くすることで、無理数のような無限の表現が可能。

  • 将棋の羽生さんも対談参加!

  • 羽生善治や千住博の頭の中って覗いてみたいです←覗いたからって、身に付く訳じゃないけど。。。

    東京大学出版会のPR
    「芸術には人々の心を打つ、何か普遍的な力が存在する――音楽、将棋、マジック、絵画における創造的能力に必要な脳の条件とは何か。人間がもつ言語能力を手がかりに、人間の美的感覚を背景とした「芸術の力」の核心に迫る。各分野の第一人者と、気鋭の言語脳科学者による知的興奮に満ちた対話。」

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

桐朋学園大学、ウィーン音楽大学等において、ハイティンク、シノーポリ、ムーシン、ラーヨビッチ、小澤征爾、田中雅彦、イオン・ケプテア、森正の諸氏に学び、1989年ルーマニア国立音楽院を首席卒業。同音大在学中にルーマニアの国立オーケストラを指揮してデビュー。1993年ブザンソン国際指揮者コンクール第1位、1998年第4回キリル・コンドラシン国際指揮者コンクール第1位、プラハの春、トスカニーニ、ジュネーブなどのコンクールで上位入賞。以降世界各地のオーケストラに客演を重ねている。ルーマニア国立放送交響楽団首席客演指揮者、大阪シンフォニカー交響楽団(現・大阪交響楽団)音楽監督、東京ニューシティ管弦楽団首席指揮者を歴任。近年は作曲家としても活躍。2009年ブカレスト・コントラバス・ウィークで新作が初演されるなど、その作品は日本をはじめ、イタリア、ルーマニア、アメリカ、ブラジルでも演奏されている。2014年4月から、東京ニューシティ管弦楽団正指揮者に就任。著書に 『《第九》虎の巻』、編著書に『歌う人のための《第九》合唱譜』(以上、音楽之友社)。


「2015年 『混声合唱とピアノのための シベリウス フィンランディア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

曽我大介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
辻村 深月
J・モーティマー...
トマ・ピケティ
クリス・アンダー...
筒井 康隆
有川 浩
佐藤 優
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

芸術を創る脳: 美・言語・人間性をめぐる対話を本棚に登録しているひと

ツイートする
×