新版 分裂病と人類 (UPコレクション)

著者 :
  • 東京大学出版会
3.25
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 186
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130065146

作品紹介・あらすじ

統合失調症の概念の起源を,人類の文化史にさかのぼる.精神の病を文化・歴史的な深みで考究する著者一連の著作の原点.全新組.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • リュムケの指摘は腑に落ちる。私の場合、被害妄想よりは殺意に取り憑かれることがしばしばある。元々少しばかり正義感が強いこともあって、不正や弱い者いじめを見ると黙っていられない性分なのだ。40代までは実際に殴ったり蹴ったりしていたし、怒鳴ることは日常茶飯事である。
    https://sessendo.hatenablog.jp/entry/2023/02/13/230244

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

中井久夫(なかい・ひさお)
1934年奈良県生まれ。2022年逝去。京都大学法学部から医学部に編入後卒業。神戸大学名誉教授。甲南大学名誉教授。公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構顧問。著書に『分裂病と人類』(東京大学出版会、1982)、『中井久夫著作集----精神医学の経験』(岩崎学術出版社、1984-1992)、『中井久夫コレクション』(筑摩書房、2009-2013)、『アリアドネからの糸』(みすず書房、1997)、『樹をみつめて』(みすず書房、2006)、『「昭和」を送る』(みすず書房、2013)など。訳詩集に『現代ギリシャ詩選』(みすず書房、1985)、『ヴァレリー、若きバルク/魅惑』(みすず書房、1995)、『いじめのある世界に生きる君たちへ』(中央公論新社、2016)、『中井久夫集 全11巻』(みすず書房、2017-19)

「2022年 『戦争と平和 ある観察』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中井久夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×