信頼の構造: こころと社会の進化ゲーム

著者 :
  • 東京大学出版会
3.80
  • (23)
  • (29)
  • (34)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 490
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130111089

作品紹介・あらすじ

「安心」を求める集団主義は信頼を破壊する。世の中で最も信頼できるはずの金融機関は、なぜあれほどまでに国民の信頼を裏切り、逆に総会屋を「信頼」したのか。進化ゲーム論からのみごとな推論と実験データから大胆に提言する現代人の必読書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ”「信頼の解き放ち問題」が気になり、購入

    <キーフレーズ>

    <きっかけ>
    ・2017/7 YeLL 吉沢さんがセミナーで話をされていたのが気になって。”

  • 社会
    心理

  • 1章 信頼のパラドックス
    2章 信頼概念の整理
    3章 信頼の「解き放ち」理論
    4章 安心の日本、信頼のアメリカ
    5章 信頼とコミットメント関係の形成
    6章 社会的知性としての信頼
    終章 開かれた社会の基盤を求めて
    ======================
    集団主義社会は「安心」を生み出すが、「信頼」は破壊する

    安心:自分を搾取する行動をとる誘因が、相手に存在していないと判断する、言い換えると、相手と自分との間には社会的不確実性が存在しない

    信頼 :相手の内面にある人間性や自分に対する感情などの判断に基づいてなされる、相手の意図(遂行能力ではない)についての期待

    共同体に代表される集団主義社会では、自集団の仲間との関係では安心していられるがよそ者に体質は心を許さない傾向がある。

    集団主義が信頼を破壊するという点への理解が重要なのは、より開かれた社会への転換に際して、一般的信頼が極めて重要な役割を果たすと考えられている。
    また信頼は、関係強化も重要だが、新しい相手に対しても信頼するという、関係拡充をの側面もある

    フランシス福山は、家族が社会関係の中で重要な役割を果たしていればいるほど、集団を超えて他社一般に対する信頼が失われていると述べている。

    またこれは「取引きコスト(特定の相手との間の安定した関係をとおしてのみ取引行うことで得られる)」の節約は、「機械コスト」との相対的な比較に応じて、メリットにもなればデメリットにもなる。

    例えば経済関係と同じように、同じ相手との間に安定した夫婦喚起を続けていくと取引きコストは節約できるかき機会コストは失われているかもしれない。

    人々の間に一般的信頼を醸成するために必要なのは、広い意味での社会的規制を身につける方策を増やすことである。

    -----------------------------------



    第1のパラドックス
    安心が提供されやすいのは、信頼が必要とされない安定した関係においてであり、信頼が必要とされる社会的不確実性の高い状況では安心が提供されにくい。

    安定した社会的不確実性の低い状態では安心が提供されるが、信頼は生まれにくい。これに対して社会的不確実性の高い状態では、関心が提供されていないため信頼が必要とされる。

    第二のパラドックス
    集団主義的な安定した社会関係が整備された日本の方が、一般的信頼の水準が、アメリカ社会より低い


    第3のパラドックス
    他者一般を信頼する程度の高い「高信頼者」は、騙されやすいお人よしどころか、逆に、相手が信頼できる人間かどうかに対して敏感であり、また相手が信頼に値する行動をとる人間であるかどうかをより正確に判断できる

     具体的な情報もたない他人に対しても、信頼している人は、特定の相手についての具体的な情報の判断を適切に行う人である。
     関心は中位ないし用心深さを必要としないが、信頼を注意深さを必要とする。
     社会的不確実性が高い環境で暮らしている人間は、常に周りの人間の信頼性についての判断を行っているため、他者への信頼性を適切に判断することを学んできている

    3章 信頼の「解き放ち」理論

    ここで取り上げるコミットメント関係とは主に、敵対的な外部社会に対応するための関係ないうの結束を維持する「やくざ型」コミットメントである。(相手を信頼する必要がない)
    →「内集団ひいき的」

    安定したコミットメント関係の中では、相手が信頼できるかどうかを心配する必要がない。なので


    命題2
    <社会的不確実性の生み出す問題に対処するために、人々は一般的にコミットメント関係を形成する>

    命題3
    コミットメント関係は機会コスト( 別の相手に乗り換えれば得られたはずの余分の利益をあきらめること)を生み出す

    命題4
    <機会コストが大きい状況では、コミットメント関係にとどまるよりも、とどまらない方が有利である。>

    関係の呪縛からの解放者としての信頼

    命題5
    <低信頼者(他者一般に対する信頼である一般的信頼の低い人)は、高信頼者(一般的信頼の高い人)よりも、社会的不確実性に直面した場合に、特定の相手との間にコミットメント関係を形成し維持しようとする傾向がより強い。>

    つまり、一般的信頼は、安心していられるコミットメント関係からの「離陸」に必要な「推力」を提供する「ブースター」の役割を果たすもの

    社会的不確実性の大きな環境では、他者から信頼されることが自己利益につながる可能性が大きい。そのような環境では、他人から信頼される人間が取引きや付き合いの相手として選ばれるようになるのは当然であり、それが成功に結び付くからである。

    社会的不確実性の大きな環境では、周りの人間を搾取することに対する誘因が大きい一方、逆に、そのような行動を慎み、周りの人々の信頼に値する行動を取り続けることに対する誘因も存在している。このように、コミットメントに伴う機会コストの大きな社会的環境には、信頼される側の人格特性である信頼性をはぐくむ要因が存在しているか、同時に、信頼する側の特性でもある一般的信頼をはぐくむ誘因も存在している。

    信頼の解き放ち理論は、特定の条件(社会的不確実性と機会コストのいずれもが高い状況)の下では、他者一般を信頼するという特性が、結果として本人に利益をもたらす可能性のあることを指摘するものである。

    6章 社会的知性としての信頼

    高信頼者=「賢い」他人の心や性質を理解するすべにたけている
    社会的不確実性と機会コストのいずれもが高い状況=ふぐは食いたし命は惜しい
    そんな環境では、社会的不確実性が高い環境で暮らしている人間は、常に周りの人間の信頼性についての判断を行っているため、他者への信頼性を適切に判断することを学んできている
    そしてそんな環境では、それが自己利益に結び付く

    しかし、高信頼者になるためには幼いころから周りを観察する、という高いコストを支払うことになるし、搾取されるリスクもなくならない。
    なので、低新来者がコミットメント関係から出ないメリットも当然ある。
    人間は歴史的に、社会的不確実性を低くし、機会コストもなるべく支払わないようにコミットメント関係を拡充してきた。
    ひとつの例は、日本の終身雇用に代表される、日本型経営だろう。しかし、コミットメント関係の拡充では急速に拡大する機会コストに対応できなくなってきた。
    オープン化するにしたがって、日本の安全神話も消えていくであろう。

    一般に中央集権が弱体化して、それまで中央集権によって提供されていた安心が提供されなくなると、多くの場合には、別の方向での安心の提供が図られるようになる。そのためにもっともよくつかわれるのが、やくざ型コミットメント関係の形成と維持であることはこれまで繰り返し述べてきた。この点に関して興味深いことに、中央権力が弱体化して安心の提供が不十分になったロシアでは、ロシアマフィアとよばれるホンモノのやくざが急成長している。イタリアにおける,マフィアについて研究した文献では、南部イタリアにおいてはマフィアが、社会的不確実性を低減するために必要な安心を人々に提供することで、一つの「産業」として成り立っていることを明らかにしている。戦後の日本も含め、中央権力が弱体化してそれまで中央権力によって提供されていた安心が提供されなくなると、やくざやマフィアなどのコミットメント関係を基盤とした私的な権力組織が、安心を提供することで勢力の拡大を図るようになる。このことは、社会的不確実性に対する対抗の手段としてのやくざ型コミットメント関係の重要性を考えれば、当然のことだといえるだろう。

    多くの場合、やくざ方コミットメント関係の内部に存在している安心を、人々は「信頼」と呼ぶ。
    この時、当事者本人の主観的な世界では、彼らを結び付けているのは、多くの場合、やくざ映画の世界に端的に描かれているように、互いの人格に対する信頼である。しかしその信頼は、社会的不確実性のもたらしたものである。

  • 3360円購入2003-03-20

  • 【由来】
    ・amazonでジャーナリズム関連で

    【期待したもの】


    【要約】


    【ノート】

  • 1998年5月15日 初版。

    社会心理学の教授が著者。

    「集団主義社会は安心を生み出すが、信頼を破壊する」
    を一つのメッセージを中心としてその元になる「信頼の解き放ち理論」とそれを検証する実験を紹介していく。

    安心と信頼というのは混同されがちだが、この本の中では明確に区別されている。そしてその区別は今後の日本社会、つまり安心が消え去っていく社会の中ではかなり重要な意味を持つのではないかと思う。

    つまり、消えた安心を出来合の安心で埋めるよりもそれに変わる何か、この場合では「信頼」で埋めていくことで新しい社会の構造を作ることができるのではないか。

    非常に興味深い理論である。

  • 本書で述べられている信頼と安心の違いはインパクトのあるものだった。日本は、ステレオタイプでは信頼し合う社会という事になっているが安心のある社会だった。

  • 日本の古い農村集落的なイメージの「出かける時も寝る時も鍵を掛けないのに、余所者を極端に受け入れない」という矛盾するような信頼性、人を信頼するという事とお人好しの違いを分ける因子は何なのか、信頼と社会の関連性、など興味深いテーマを丁寧に説明してくれる本ではあるのだが、少し論文チックな文章なので、読むのも理解するのも時間と慣れを要するところが、難点かな。
    じっくりと再読したい本ではある。

  • 放送大学『社会心理学』(2014年2学期履修)第13章:信頼

  • 東大京大教授が薦めるリスト100選抜

    No.26

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山岸俊男(やまぎし としお)1948年生まれ。ワシントン大学大学院社会学研究科博士課程修了。Ph.D(社会学)。現在、一橋大学国際経営研究科特任教授。専門は社会心理学。著書に『信頼の構造』(東京大学出版会)。

「2014年 『文化を実験する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

信頼の構造: こころと社会の進化ゲームのその他の作品

信頼の構造 Kindle版 信頼の構造 山岸俊男

山岸俊男の作品

信頼の構造: こころと社会の進化ゲームを本棚に登録しているひと

ツイートする