中国思想史

  • 東京大学出版会
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130120562

作品紹介・あらすじ

古代思想と現代中国は、どうつながるのか?世界史のなかで"中国"とは何だったか?停滞史観も革命史観もともに斥けて、中国に固有の歴史枠組をさぐる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  中国にかかった呪いは帝国でも宗族でも個人主義でも官僚制でも郡県制でも道教でもなく儒教でした、中国共産主義も儒教の変奏です、というオチでした。それでいて、共産主義が批判したのも儒教、土地の国有を批判したのも儒教、土地の国有を主張したのも儒教、中央集権を主張したのも儒教、封建制を主張したのも儒教。さらに、儒教が生き延びてきたのは、易と法家を取り込み、墨家をパクり、道教をパクり、仏教をパクってきたからであるとする。すなわち、儒教とは内実がなく、孔子とその周辺の人物に仮託して議論をする文化であるということになる。
     ここまで極端な儒教の理解は、秦における焚書坑儒以降儒教が一貫して中国における思想を固定してきた封建制に固有のものであり、それを打破した現代中国は近代国民国家を形成したというマルクス主義における発達段階論に当てはめる歴史解釈を明確に拒否するためであると考えられる。
     こうした文脈においてこそ、今の中国で歴代皇帝や愛新覚羅の子孫も皇帝の呼称も何ら権力、権威の源泉たり得ないのを考えると、辛亥革命とその後の中華民主主義人民共和国の建国が西欧流の近代国民国家の形成とは全く異なる次元における現象であり、その意義も非常に大きいことも初めて理解できる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

中国思想史研究家、東京大学名誉教授

「2010年 『〈中国思想〉再発見』 で使われていた紹介文から引用しています。」

溝口雄三の作品

ツイートする
×