日中歴史認識―「田中上奏文」をめぐる相剋 1927‐2010

著者 :
  • 東京大学出版会
4.00
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130230599

作品紹介・あらすじ

日本版『我が闘争』として知られ、時代の荒波に翻弄された怪文書「田中上奏文」。いったい誰が作成したのか?なぜ世界中に伝播したのか?日・中・台・米・ソの思惑は?熾烈な情報戦の結末は?真相解明を通じて永年の論争に終止符を打ち、和解の糸口を紡ぎ出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日中歴史認識問題の起源を所謂田中上奏文に求め、それが書かれたとされる時期から、現在まで、田中上奏文がどのように用いられたか辿る本。
    田中上奏文は世界征服をする過程で、中国を抑える必要性を説いた内容であり、田中義一が天皇に上奏するために書かれた文であるとされている。しかし、上奏文の形式が整っていないことに加え、上奏文自体に事実誤認があることから、偽書とされている。しかし、それでも田中上奏文の内容通りに日中戦争に突入したことから、当時から現在に至るまで様々な場面で引用されてきている。この点が筆者の研究の動機らしい。
    主張は、メディアや情報戦によるところで、この文章が本物だと信じられていることから、宣伝や情報戦の重要性が述べられているが、まさにその通りだと思った。

  • 2010.04.04 朝日新聞に紹介されました。

  • 20100404朝日新聞書評

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1968年東京都生まれ。92年京都大学法学部卒業。97年神戸大学大学院法学研究科単位取得退学。博士(政治学)。現在、中央大学総合政策学部教授。日本政治外交史・東アジア国際政治史専攻。著書に『東アジア国際環境の変動と日本外交 1918-1931』(有斐閣/吉田茂賞受賞)、『広田弘毅――「悲劇の宰相」の実像』(中公新書)、『日中歴史認識――「田中上奏文」をめぐる相剋 1927-2010』(東京大学出版会)、『日中国交正常化――田中角栄、大平正芳、官僚たちの挑戦』(中公新書/大佛次郎論壇賞、アジア・太平洋賞特別賞受賞)、『大平正芳 理念と外交』(岩波現代全書)、『外交ドキュメント 歴史認識』(岩波新書)、『中曽根康弘――「大統領的首相」の軌跡』(中公新書)ほか多数。

「2016年 『田中角栄 昭和の光と闇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

服部龍二の作品

ツイートする