東アジアの王権と思想

著者 :
  • 東京大学出版会
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130301138

作品紹介・あらすじ

「御威光」を演出する知。儒学が体制教学であった中国・朝鮮との近似と相違を探りながら、近世から近代へと転回する政治体制の思想を剔抉する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 徳川政権を250年間維持させた「体制イデオロギー」とは何であったのか。
    この近世思想史にとって永遠の問いに、渡辺氏は「御威光」と応える。もともと徳川の支配とは、暴力によって創始されたものであり、将軍の権力や威信は、本来戦国闘争の覇者としてのそれである。その武装集団徳川氏の畏怖すべき実力のイメージ、それが「御威光」である。そしてそれを維持し続けたのは、身分格式を印象づける象徴的事物(席順や奉納品等)と儀礼・儀式・祭典等の象徴的行為(参勤交代、お目見え等)であった。無数の儀礼と象徴に支えられて途方もない高みに在った将軍は、支配組織全体を畏怖すべき輝きで包む「御威光」の窮極の光源であり、その支配秩序とは即ち威光の秩序だったのである。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

明治大学理工学部数学科 教授

渡辺浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
エーリッヒ・フロ...
アーネスト ゲル...
ミシェル・フーコ...
ジェームス W....
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする