システムと自己観察―フィクションとしての「法」

著者 :
  • 東京大学出版会
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130311687

作品紹介・あらすじ

「法」が"イマジナリー"であること。オートポイエーシス論やサイバネティクス論などの現代思想を、具体的な社会システムや意識システムに援用することで開かれる、まったく新しい法的思考。

著者プロフィール

村上 淳一
村上淳一:東京大学名誉教授

「2014年 『新装版 ドイツ市民法史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上淳一の作品

システムと自己観察―フィクションとしての「法」を本棚に登録しているひと

ツイートする
×