デイヴィッド・ヒュームの政治学

著者 :
  • 東京大学出版会
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130362214

作品紹介・あらすじ

「社会契約説を批判した思想家」という従来のヒューム像に再考を迫る試み.浩瀚な『イングランド史』などヒュームの著作を詳細に分析,彼が伝統から何を引き継ぎ,発展させていったのかを明らかにする.より深いヒューム理解に導く緻密な考察.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『論集』や『イングランド史』などの、ヒュームが執筆した政治に関連する様々なテキストを、ヨーロッパ政治学の「伝統」をヒュームがいかなるものと理解し、それをいかに再記述して「継承」していったかという視座のもとに分析していく。基本的な視点は、政治機構論的政治思想(いかなる機構・制度によって人々の共同生活を枠づけるか)と道徳論的・習俗論的政治思想(個人のいかなる道徳的資質が政治社会を善くするか)のうち、ヒュームは前者をハリントンに学びつつ継承し、後者を批判していったということである。したがってヒュームが依拠しつつ発展をはかるのは、アリストテレス以来18世紀ヨーロッパでも政治学の主流の議論であった政体論である。その政体論のうちでも、ヒュームは「完全な共和国」を理論的に純粋な理想的な政治社会として提示した。その一方で、混合政体たるイングランドにあっても、そもそも政治社会一般の本質である「権力」とその制度化たる「自由」が他の国々に比べればよりよく実現されているというのがヒュームの意見である。最終的に、政治学を論じることはヒュームにとっては政治学史を記述することと同義であった、と結論付けられる。このように、ヒューム自身の思想の面白さもさることながら、それを際立たせる明快な叙述が、ヒュームの議論の力点がどこにあるのかをよくわからせてくれる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

法政大学教授

「2023年 『政治学入門 歴史と思想から学ぶ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

犬塚元の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×