日本のメリトクラシー 増補版: 構造と心性

著者 :
  • 東京大学出版会
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130511414

作品紹介・あらすじ

戦後社会において,人びとは受験や就職や昇進のレースになぜこれほどまでに焚きつけられてきたのか? 「マス・ディスタンクシオン・ゲーム」を煽る仕掛けとそこで生成される人間像を,理論と実証から明らかにした教育社会学の名著,増補版であらたに刊行.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 4374円購入2018-03-07

  • 170909 中央図書館
    実証研究では、なまじい文芸書などに親しむ読書人は、サラリーマンとしての出世には縁遠くなりがちだとな。

  • 竹内 洋『日本のメリトクラシー ――構造と心性 増補版』

    【書誌情報+内容紹介】
    ISBN 978-4-13-051141-4
    発売日:2016年12月下旬
    判型:A5, 344頁

     戦後社会において,人びとは受験や就職や昇進のレースになぜこれほどまでに焚きつけられてきたのか? 「マス・ディスタンクシオン・ゲーム」を煽る仕掛けとそこで生成される人間像を,理論と実証から明らかにした教育社会学の名著,増補版であらたに刊行.
    http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-051141-4.html


    【簡易目次】
    はじめに

    第一部 分析視角
    第一章 伝統的アプローチ――機能理論・葛藤理論・解釈理論
    第二章 ニュー・アプローチ――増幅効果論と冷却論

    第二部 経験的分析
    第三章 受験と選抜
    第四章 就職と選抜
    第五章 昇進と選抜
    第六章 学歴ノン・エリートと冷却

    第三部 結論
    第七章 日本のメリトクラシー――疑惑・戦略・狼狽
    補章 学歴社会をめぐる伝統的アプローチと制度論的アプローチ

    解説 選良から治者へ――保守的転回の転轍機(井上義和)
    あとがき
    オンリー・イエスタデイ ――増補版あとがきにかえて

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1942年佐渡生まれ。京都大学教育学研究科終了後、関西大学を経て京都大学教育学部教授等を歴任。現在は関西大学東京センター長。

「2019年 『大学の問題 問題の大学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹内洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×