ビデオによるリフレクション入門: 実践の多義創発性を拓く

  • 東京大学出版会
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130530903

作品紹介・あらすじ

いま保育園から大学,企業まで,幅広い実践の現場で「リフレクション」のツールとして活用されているビデオ(動画).しかし漫然とした記録や「問題行動の監視カメラ」になっていないだろうか.人が育つ真の気づき,「おもしろい」実践を促進する,そんなビデオ活用法のエッセンスと実践論をまとめる.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者の1人である苅宿先生のワークショップに参加したことがあるため、手にとってみた。ミーティングレコーダーを使って、自分が話したり、逆に相手の話を聞く場面を記録・リフレクションする。猫になったつもりで猫目線の動画を作りこむ等、ビデオを単に記録媒体として使うのではなく、それをうまく用いて自己表現や省察をするというのが斬新だと思った。
    また、第6章の座談会のようなものも非常に興味深かった。「わからない人がいると、自分がちゃんとわかって説明できる」(p152)、「ビデオは記録というより表現の媒体」(p154)、「おそらく自分がおもしろいと思って撮って、保存しているから、すぐそこにたどり着けてしまうのだと思います。(中略)インデックスぐらいは付けているかもしれませんが、文字による整理なしに、『砂の場面でおもしろい話があったって言ってたよね、その場面見せて』っていうと、『ああ、あの場面ですね』って言って、パッと探し出すのですよ。やはりそこまで入り込んだ授業の場面というのは、たぶんすぐ引っ張ってこられる。」(p163)、「自分たちの映像をたくさん撮らせて、それを見せていくのです。自分が撮られる映像体験をたくさんさせると、自分の自分に対する捉え方が変わっていく。」(p166)等の発言が印象的だった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2019年2月現在
田園調布学園大学大学院人間学研究科子ども人間学専攻教授
公益社団法人信濃教育会教育研究所所長
東京大学名誉教授
青山学院大学名誉教授

「2019年 『現代の教師論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐伯胖の作品

ツイートする
×