「まち育て」を育む―対話と協働のデザイン

著者 : 延藤安弘
  • 東京大学出版会 (2001年4月発売)
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130611183

作品紹介

全国の町づくりの現場での多年にわたる実践知と、そこから紡ぎだされる理論と方法。新しい「まち育て」の提唱。

「まち育て」を育む―対話と協働のデザインの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とても参考になった。ユーモアも大事!

  • 昨年、大田文化の森で行われたまちづくりフェスタの基調講演を聞いた延藤さんの著書。
    まるで講談を聞いているような講演だったが、本書もそのようなやわらかい文章で、
    かつ、まちづくりに関するさまざまなキーワードを的確に説明している。

    まちづくりのキーワードを著者は以下のように説明している。

    1.まち育て(P12)
    まちは、ヒトが安心して生きられる環境を育むところ。
    まちは、虫も鳥も緑も風も土も、全ての生命を育むところ。
    まちは、人生をいいものと思えるようなすこやかな生き方を育むところ。
    人間と人工と自然のやわらかな関係をはぐくみ、そのことにかかわるヒトの意識の育みの過程を「まち育て」とよぼう。
    「はぐくむ」とは「発展を願って大切にすること」、「そだてる」は自発のココロと慈しみのココロをはらむ。
    「対象」としての環境をつくり直す「まちづくり」を越えて、人間も環境も時とともにお互いに育みあう「関係」
    としての「まち育て」を提起する。



全2件中 1 - 2件を表示

「まち育て」を育む―対話と協働のデザインのその他の作品

延藤安弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

「まち育て」を育む―対話と協働のデザインはこんな本です

ツイートする