環境時代の構想

著者 :
  • 東京大学出版会
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130633215

作品紹介・あらすじ

21世紀日本を環境という視点からどのようにとらえるか。そのカギは、ランドスケープをキーワードにグローバル化とローカル化を融合させることにある。地球規模の視点から、これからの地域づくりの羅針盤を提示する。

著者プロフィール

国連大学上級副学長。東京大学サステイナビリティ学連携研究機構長。近著に『日本の自然環境政策』(共編著、東大出版会、2014年)、主な論文に Takeuchi, K. et al.(2014)“Using sustainability science to analyse social-ecological restoration in NE Japan after the great earthquake and tsunami of 2011” Sustainability Science, 9, 513-526 等。

「2014年 『国連大学 包括的「富」報告書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武内和彦の作品

環境時代の構想を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする
×