海に生きる: 海人の民族学

著者 :
  • 東京大学出版会
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130633376

作品紹介・あらすじ

世界の海をフィールドに展開されてきた海洋民族学研究の集大成! 生物多様性や生態系などの生態学的な視点と食文化やコモンズなどの人類学的な視点で,地域レベルから地球レベルまでダイナミックに海人の世界を描く.これからの海とのつきあい方の羅針盤.

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

山梨県立富士山世界遺産センター所長
専門分野:生態人類学
主な著作:『魚と人の文明論』、『越境するコモンズ』(単著、臨川書店)、『サンゴ礁に生きる海人』(単著、穃樹書林)、『漁撈の民族誌』(単著、昭和堂)、『コモンズの地球史』(単著、岩波書店)、『海に生きる』(単著、東京大学出版会)、『クジラは誰のものか』(単著、筑摩書房)

「2018年 『交錯する世界 自然と文化の脱構築』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋道智彌の作品

海に生きる: 海人の民族学を本棚に登録しているひと

ツイートする