美学辞典

著者 :
  • 東京大学出版会
3.70
  • (11)
  • (5)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 162
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130802000

作品紹介・あらすじ

いくたの思想家や芸術家によって、くり返し問われてきた美と芸術をめぐる主題について、概念史を踏まえつつ、現代美学の研究水準をさし示す。美、自然美、芸術、想像力、創造、かたち、価値、美的体験など、25の主要な概念を通して、読者は美学体系のすべてを一望することができよう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 美学の教科書としてよくできていると思いますよ。
    網羅的だし、割とくわしいし。

  • 美に関連するさまざまな概念について、定義と説明をした本。
    著者自身の言葉と、著名な学者や哲学者の言葉を織り込みつつ、地道に概念を定める作業を続けることに終始している。

    専門的な言葉をほとんど使わず、一般的な言葉で美の概念を丁寧に説明しようとしていて、著者にとても好感を持ちました。
    ただ、ほんとに定義と説明に限っての記述がえんえん続くので、読んでいて面白いものではなく、途中しばしば退屈に感じたりしました。
    絵を描く者としてちょっと読んでみようかなと手にしたんだけど、どちらかというと、学者が美について勉強するための本なのかな。
    冒頭にこの本は教科書として構想されたものだと書かれてあるし。どうしてだかわからないんだけど、なんで教科書ってこうつまらないものになるんだろう。

    内容に興味はあるし、読み込んでいけば勉強にはなるのかもしれないのですが、本来は絵を描きたい自分としては根本的に、これを読んでどうするのかと疑問を持ってしまいました。
    確かに書かれてあることは著者や先人の知識がつまった、とても価値のあるものなんだけれども、自分は美学を勉強したいんじゃなくて、美学を自分で体験したいんだ。
    誰かがまとめた定義や説明よりか、まず手を動かして自分なりの考え方を泥臭くとも発見していきたいんだ。
    と、いろいろ考えた末そういう結論になったので、ほとんど目を通せてはいないんだけど、読むのをやめることにしました。

    たぶん、とてもいい本なのですが、自分には合わなかったです。
    これから何十年して自分の美学というものを持てるようになったら、答え合わせをするように読み直してみたいな。


  • 凡例
    Ⅰ 基礎的な諸概念
    美学

    自然美
    芸術
    Ⅱ 生産に関する諸概念
    模倣
    表現
    即興
    図式
    想像力
    天才
    創造/創造性
    Ⅲ 対象に関する概念
    かたち
    修辞的文彩
    様式
    象徴
    作品
    美的質/美的範疇
    価値
    Ⅳ 消費と再生産に関する諸概念
    美的態度
    趣味
    美的判断
    解釈
    批評
    美的体験
    コミュニケーション

    あとがき
    参照文献表
    人名/事項索引
    (目次より)

  • 美学会(界)の重鎮佐々木健一によって、〈美学〉〈芸術〉〈作品〉〈天才〉といった、美学上の基本的且つ重要な項目について美学史を踏まえつつ説明されたもの。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

佐々木健一

1943年,東京都生まれ.東京大学文学部卒業.同大学院人文科学研究科修了.東京大学文学部助手,埼玉大学助教授,東京大学文学部助教授,同大学大学院人文社会系研究科教授,日本大学文理学部教授を経て,現在,東京大学名誉教授.美学会会長,国際美学連盟会長,日本18世紀学会代表幹事を歴任.専攻,美学,フランス思想史.

「2019年 『美学への招待 増補版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木健一の作品

美学辞典を本棚に登録しているひと

ツイートする