省筆論: 「書かず」と書くこと

著者 :
  • 東京大学出版会
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 0
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130830737

作品紹介・あらすじ

叙述において,あえて「書かない」と書くことで,作者は何を表現したかったのか.『源氏物語』を中心に,さらに近代に翻訳を試みた与謝野晶子や谷崎潤一郎とも比較しながら,現代においても多用される「書かず」の叙述に迫る.レトリックによって深まる文章表現の技に光をあてる文学論.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2024年1-2月期展示本です。
    最新の所在はOPACを確認してください。

    TEA-OPACへのリンクはこちら↓
    https://opac.tenri-u.ac.jp/opac/opac_details/?bibid=BB00535262

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1941年生まれ。明治学院大学卒業。放送作家。『シャボン玉ホリデー』『巨泉・前武のゲバゲバ90分!!』『8時だョ!全員集合』など伝説的なバラエティ番組の構成を手がける。現在もラジオドラマなどで活躍中。

「2018年 『昭和バラエティ番組の時代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田村隆の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×