現象学入門 (NHKブックス)

著者 :
  • NHK出版
3.74
  • (28)
  • (27)
  • (50)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 447
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140015766

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フッサール現象学の詳細とハイデガー存在論までの一連の流れの概略を、現象学批判やサルトル、ポンティの現象学に見られた違いを取り上げ反論を示しながら明解にまとめた良書。

  • やや難解な現象学をデカルトやカントの基礎的な検証を踏まえて、非常に分かりやすく説明してます。
    フッサールを読む前に読んでみることを勧めます。

  • [ 内容 ]
    この目で見た世界と実存する世界は同じものなのか?
    近代哲学がついに超えられなかった難問を、“世界が造られる場”として意識を捉え直すという発想の転換でかわしたフッサールの考え方の芯を、できるだけ平明な言葉でわかりやすく紹介。

    [ 目次 ]
    第1章 現象学の基本問題(「近代哲学の根本問題」―「主観と客観」;近代の哲学者たち―デカルト、カント、ヘーゲル、ニーチェ)
    第2章 現象学的「還元」について(発想の転換―デカルトの「夢」について;「還元」の意味―「確信」の生じる条件;「諸原理の原理」;知覚直観と本質直観〈本質観取〉)
    第3章 現象学の方法―『イデーン』を読もうとする読者のために(自然的態度、素朴な世界像について;〈還元〉の開始―エポケーの方法;「純粋意識」という残余、超越論的主観について;超越論的主観における「世界の構成」;事象は「志向的統一」である;〈内在―超越〉原理;意味統一としての「経験」;〈ノエシス―ノエマ〉構造)
    第4章 現象学の展開―〈還元〉は誰にでもできる理由(近代的な世界像の成立;超越論的主観性と間主観性 ―他我経験の現象学;生活世界の現象学)
    第5章 現象学の探究(現象学的“反批判”;サルトルとポンティ―現象学の難問;ハイデガー存在論の挑戦)
    現象学入門/用語解説

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 哲学科に行っていた最初の彼女が別れたかなり後に私に薦めた本。
    主観を論じ客観が存在しないことの証明をフッサールを用いて論じている。
    ものの見方が変わる本。

  • 竹田現象学はわかりやすくて面白い。

  • すこぶるわかりやすく説得力のある現象学解説。ただし、それゆえに「そんなことフッサールは言っていない」という批判も多い。困ったことにフッサール本家にあたってみても判断がつかないのです。

著者プロフィール

1947年生まれ。哲学者。早稲田大学政治経済学部卒業。現在、早稲田大学国際教養学部教授。主な著書に、『プラトン入門』、『言語的思考へ』、『人間的自由の条件』、『完全解読 カント『純粋理性批判』』、『完全解読 フッサール『現象学の理念』』ほか多数。

「2017年 『ハイデガー入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹田青嗣の作品

ツイートする