地下水の世界 (NHKブックス)

著者 :
  • 日本放送出版協会
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140016510

作品紹介・あらすじ

地球環境回復の切りふだは多様な面を持つ水循環にこそある。長年のフィールドワークから、さまざまな地下水たちの真実の姿をとらえた一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 似て非なる学問で、「水理学」と「水文学」というのがあるという。前者はなんとなくわかる気がするが、後者は「水」を「天」に置き換えてみればよい。つまり「宇宙物理学」と「天文学」の違いのようだ。理屈なのか観測なのかということだろうか。著者は後者の人。
    重力ポテンシャルとか浸透率とか同位体測定とか、教科書的な記述が中心だが、水の話だけではなく地形や地質にも話は広がる。そうかと思えば、突然著者の私的エピソードが語られたりと、盛りだくさんの内容。
    ちょっと古い本なので、最近の研究成果はもっと進化しているのだろうが、井戸という文化が廃れ、普段は見えない地下水の実態が垣間見れた。深さの程度はあれど、地下水の存在はかなり広いようだ。水利として「池(泉)は点。川は線。地下水は面。」という文面が印象的だった。

  • 地下水の利用と環境の変化のメカニズム。

全2件中 1 - 2件を表示

榧根勇の作品

地下水の世界 (NHKブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする