古事記―天皇の世界の物語 (NHKブックス)

著者 :
  • 日本放送出版協会
2.83
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140017463

作品紹介・あらすじ

支配者層の意図と世界観を探る。古事記はどう読むべきなのか。どういう目的で書かれたのか。古代文学の魅力を、明快な論理と卓抜な着想で綴る、最新の古事記論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の話し方になれるのに少し時間がかかったが…(^^;
    ノッて来ると面白くて止められない!!

    徹底して、天皇の物語としての視点を貫くと、なるほど…こんな風に解釈できるのかぁ。と唸る。

    何点か、えっ!?それでいいの?って思う箇所はあったけど、
    ここまで強気で言い切られると、「そうかも…」って思えてくるから^^

    もしかしたら、古事記を編纂した張本人が「いやぁ~、そこまで考えてなかったんですけど…(^^;」って思うんじゃん?
    ってほど。
    今までの牧歌的とも言える古事記のイメージがガラリと変わる。

    ミルキーウェイちゃんより貸出。
    ありがとう♪

  • 日本の古代の神話を読みたかった筈が、天皇や時代背景から推察する為の本であり、目的が違った。故に読み難く、途中放棄。
    どちらかと云うと大和時代周辺の歴史の勉強に役立つのでは無いかと思う。小説として選ぶ本では無かった。
    改めて古事記を探し直すつもりで居る。

  • [ 内容 ]
    支配者層の意図と世界観を探る。
    古事記はどう読むべきなのか。
    どういう目的で書かれたのか。
    古代文学の魅力を、明快な論理と卓抜な着想で綴る、最新の古事記論。

    [ 目次 ]
    序章 「古事記」の成り立ち
    第1編 世界の物語としての神話
    第2編 天皇の正統性の論理
    第3編 天皇の物語

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1946年生まれ。和歌山県出身。1974年、東京大学大学院博士課程中退。東京大学教授、明治大学特任教授などを歴任。現在、東京大学名誉教授。専攻は、日本古代文学。主な著書に、『古事記の達成』『変奏する日本書紀』『万葉集をどう読むか』(以上、東京大学出版会)、『古事記と日本書紀』『複数の「古代」』「本居宣長「古事記伝」を読む(全4巻)』(以上、講談社)など、多数。

神野志隆光の作品

ツイートする