ブッダの人と思想 (NHKブックス)

  • NHK出版
3.79
  • (7)
  • (8)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 156
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140018354

作品紹介・あらすじ

欲望を滅尽し死を超越する道とは。時代の半歩先を読む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブッダの思想は論理的かつ客観的。この世界観が真理だと感じる。

    ■四聖諦■
    ①世の中は苦しみに満ちている
    ②苦しみの原因は己の執着である
    ③執着がなくなれば、苦しみも消える
    ④執着を消すための具体的行動が8つある。(正見・正思・正語・正業・正命・正精進・正念・正定)

    ■諸法無我■
    人は生存欲を核とした自己を築くため執着が生まれるが、それは虚構にすぎない。この世は単なる縁起の重なり合い(空)で、人の生死もまたその中にある。

    →自己や自己の所有物などない。

  • 仏教は難しい用語が多く入りづらいところがありますが、この本は易しい語り口ですんなりと読めます。

  • NHKテレビの『こころの時代』で著者がおこなった講座をまとめた本です。

    著者は、日本を代表する仏教学、インド哲学の権威として知られており、多くの著作がありますが、本書はテレビ番組がもとになっているということもあって、釈尊の生涯と思想が非常にわかりやすいことばで解説されています。また、著者が翻訳している『スッタニパータ』などからの引用も、こなれた日本語になっていて、さらに読んでみたいという気持ちにさせられました。

  • 中村元先生のテレビでの「ブッダの人と思想」を書籍として取りまとめたもの。仏典からの引用とその解説を中心にブッダの説いた教えの実相に迫ろうとするもので、入門書としていい本でした。

  • 学生時代に手塚治虫の漫画「ブッダ」を読んで,ブッダ像とその教えについて,なんとなくわかった気になっていた.この本には,釈尊の生涯と教えの要諦とがまとめられており,当時を否定するものではないが,漫画とはまた違う発見があったと感じる.
    一切のものは空(現象)であること,自我もまた然りであること,これによって死の恐怖は滅せられること,これらの悟りを得るためには八正道に精進すること・・・と説かれる.生きることはもとより苦(自我の思うようにならない)となれば,生きる目的とは.この点に注意してもう少し勉強してみよう.

  • 初期仏教のシンプルで力強い所が自分には合ってると思った。
    ブッダが亡くなって数千年のうちに、仏教もだいぶ変化してる。

  • 原始仏教と同じく番組の内容をまとめた本で、
    原始仏教と併せて読む事を推奨している。

    題名の通り、向こうは教団について書かれていて、
    こちらはブッダという人物について書かれている。
    後で書かれたので、こちらの方が分かりやすい。
    両方読むつもりならこっちを先に読んだ方が良さそう。

  • トルストイが「人生論」で、「真理は、ブッダ、孔子、キリストが既に語ってる。どれも安価に経典が手に入る」ってなことを言っていて、手にとった本。

    著者中村元先生の柔らかな文体が、理解を促す。スラスラ読めてしまった。

    苦しみは、執着から生まれる。執着を捨てれば、憂いはなくなり、穏やかに生きられる、とブッダは説く。

    ブッダの説法は、哲学かと思いきや、苦しみへの対処法だった。
    最近(お釈迦様との比較なんでスケールが滅茶苦茶だが)の本でいえば、スティーブン・R・コヴィーよりはデール・カーネギーのスタンス…かな。

    とはいえ、日々どのように実践したらいいのか、難しい。まずは苦しみを自覚して、それを客観することから始めてみようかと思う。

    この読書体験が、人生のターニングポイントとなることを祈る。
    そのときは、★★★★★にしよう。

  • [ 内容 ]
    欲望を滅尽し死を超越する道とは。
    時代の半歩先を読む。

    [ 目次 ]
    第1章 自らその意を浄める
    第2章 悪魔との対話
    第3章 不死の門は開かれた
    第4章 法輪を転ず
    第5章 この身は泡沫のごとし
    第6章 一切にわがものなし
    第7章 生きものたちに幸いあれ
    第8章 善き友とともに
    第9章 空飛ぶ鳥に迹なし
    第10章 仏に帰依す
    第11章 安らぎの境地
    第12章 自らを灯とせよ

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 原始仏教の教えは、時として無慈悲です。

    なぜなら、真理とは真理ゆえに究極的には救いにならず、
    決して「なぜ生きるのか」の答えは得られないからです。

    無慈悲の教えにすがる凡夫に慈悲をもって応えられた釈迦の、
    人となりと時代背景を知る手がかりとなる、本書は良書。

  • 卒論の参考文献として読んだ本。
    非常にわかりやすく、かつ原始仏教のエッセンスがしっかりと詰まっています。
    人生、清く正しく生きたいものですが
    私はあのころよりも煩悩にまみれてしまいました。

全14件中 1 - 14件を表示

著者プロフィール

水族館プロデューサー(R)。1956年三重県生まれ。鳥羽水族館を副館長で辞職し独立。新江の島水族館、サンシャイン水族館、北の大地の水族館のリニューアル、広島マリホ水族館新設などを手がけ、利用者起点のマーケティング理念と、斬新な「水塊」展示の開発により、いずれも奇跡的な集客増を成功させた。韓国および中国で手がけた水族館に加え、基本構想のみのプロデュースなどを合わせると10館以上をプロデュース。2019年現在国内の複数の水族館においてアドバイザーを務めるとともに、新たな水族館プロデュースに取りかかっている。北里大学の学芸員コースで展示学、東京コミュニケーションアート専門学校で名誉教育顧問として講義。著書は20冊を超え、近著に『水族館哲学 人生が変わる30館』(文春文庫)、『常識はずれの増客術』(講談社)など。


「2019年 『全館訪問取材 中村元の全国水族館ガイド 125』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村元の作品

ブッダの人と思想 (NHKブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする