石油の世紀 下: 支配者たちの興亡

  • NHK出版
4.00
  • (7)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 95
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (703ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140051696

作品紹介・あらすじ

第2次世界大戦後、石油をめぐる主舞台は中東に移った。民族主義の台頭による石油国有化、数次にわたる石油ショックは、石油まみれの現代文明を根底から揺るがせた。われわれはついに、石油の軛から逃れられないのか。激動する中東の石油地帯・石油まみれの現代文明。戦争の裏側にはいつも石油があった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ふむ

  • 下巻は太平洋戦争以降。OPECができて、産油国が自国の権利を取り戻すとともに、大量の資金が流入し、武器が買われ、中東は不安定になる。
    一方で市場は乱高下するとともに、1980年代からはご多分にもれず金融化されていく。
    安定化すると思われた1990年代は湾岸戦争から始まり、気候変動対策への意欲は削がれてしまう。

  • 第4部 炭化水素の時代
    第5部 世界を支配するもの

  •  WTIの価格の安いこと。オイルショックのときでも、40ドル前後まででした。まあ、それまでの10ドル以下だった事からみたら、相当のインパクトがあったのだろうけど。

  • 上巻に比べ、第二次世界大戦後を扱うことで、中東のナショナリズム勃興と欧米列強の暗躍に焦点が絞られる。現代の西洋文明対イスラムの戦いというのは単なる宗教的対立などではなく、エネルギーを巡る先進国と、資源ナショナリズムを叫ぶ大衆、そしてオイルマネーに溺れるアラブ指導者たちの思惑が絡まりあっていることがわかる。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

ダニエル・ヤーギン
IHSマークイット副会長
「米国で最も影響力のあるエネルギー問題の専門家」(『ニューヨーク・タイムズ』紙)、「エネルギーとその影響に関する研究の第一人者」(『フォーチュン』誌)と評される。ピューリッツァー賞受賞者。ベストセラー著者。著書に『石油の世紀――支配者たちの興亡』、『探求――エネルギーの世紀』、『砕かれた平和――冷戦の起源(Shattered Peace: The Origins of the Cold War)』、共著に『市場対国家――世界を作り変える歴史的攻防』がある。世界的な情報調査会社、IHSマークイットの副会長を務める。


「2022年 『新しい世界の資源地図』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダニエル・ヤーギンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
トマ・ピケティ
ロバート キヨサ...
ブラッド・ストー...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×