北の埋み火 (炎立つ)

著者 :
  • 日本放送出版協会
3.59
  • (2)
  • (6)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140051740

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/4/16
    字が大きい。

  • 読んで良かった。

  • (1993.07.07読了)(1993.07.01購入)
    副題「北の埋み火」
    NHK大河ドラマ原作、1993年7月放送開始
    *本の帯より*
    みちのくの熱き炎。黄金の王国を夢見た男たちの野望!
    永承四(1049)年冬。陸奥の豪族安倍頼良の息子貞任の婚儀が盛大に行われた。
    藤原経清は、陸奥守藤原登任とともに婚儀に赴く。
    そこで彼らが目にしたものは……。
    黄金の力を背景に安倍頼良が抱いた野望の炎が、みちのくを130年の永きにわたって光り輝かせる。

    著者 高橋 克彦
    1947年、岩手県生まれ
    早稲田大学卒
    1983年、『写楽殺人事件』で江戸川乱歩賞受賞、文壇デビュー
    1986年、『総門谷』で吉川英治文学新人賞受賞
    1987年、『北斎殺人事件』で日本推理作家協会賞受賞
    1992年、『緋い記憶』で直木賞受賞
    2000年、『火怨』で吉川英治文学賞受賞

  • 一時期高橋克彦の著書にこれでもかと浸った中で、一番好きなシリーズ。
    後日、過去にNHK大河ドラマで放映されたことを知り、当時見られなかったことを歯軋りして悔やんだ作品。
    …観たかったなぁ…

  • 削除

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1947年、岩手県生まれ。早稲田大学卒。83年に『写楽殺人事件』で江戸川乱歩賞、86年に『総門谷』で吉川英治文学新人賞、87年に『北斎殺人事件』で日本推理作家協会賞、92年に『緋い記憶』で直木賞、2000年に『火怨』で吉川英治文学賞を受賞。本作『風の陣』(全五巻)は、「陸奥四部作」のうち、時代の順番としては最初の作品になる。以降、『火怨 北の燿星アテルイ』(上下巻)、『炎立つ』(全五巻)、『天を衝く』(全三巻)と続く。

「2018年 『風の陣 四 風雲篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋克彦の作品

ツイートする