いま伝えたい大切なこと―いのち・時・平和

著者 :
  • 日本放送出版協会
3.58
  • (2)
  • (7)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140055366

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「いのち」とは自分が自分で活用できる「時間」であるという96歳の知ヂカラが凝縮された一冊です。

    OPACへ⇒https://www.opac.lib.tmu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB00982946&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 三葛館医学 490.4||HI

    現在102歳の日野原先生が、96歳の時に出版されたエッセイ。講演活動で日頃から子どもたちに伝えていること、自身の半生から、「いのち」「時」「平和」について語られています。とても優しい言葉で綴られ、心に響きます。
                                  (うめ)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=49699

  • 時間について考えたい子に向いてると思う。
    いのちとは、自分のために使える時間のことをいう、というのはおもしろい。いきる、でもなくていのちなんだなあ。
    それを誰のために使うのか、ということを考える必要がある。
    考えなければ、どんどん光陰矢のごとし。

  • ミニ展示「日野原重明氏関連本紹介」2012年5-6月

  • 2008.1.26 購入

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

日野原 重明(ひのはら しげあき)
1911年10月4日 - 2017年7月18日
1941年以降聖路加国際病院の内科医となり、以降も学校法人聖路加国際大学に関わる役職を歴任し、聖路加看護大学学長、聖路加国際病院院長を経て聖路加国際病院名誉院長に。よど号ハイジャック事件の人質になったことでも知られる。また、戦争体験から医療への設備投資を積極的に行い広大な病棟を作ったことが、地下鉄サリン事件勃発の際に緊急応急処置場として機能、被害軽減に繋がっている。
お茶の間でも親しまれて、数多くの作品を記した。代表作に、生きるための知識と作法を説く『生きかた上手』。遺著となったのが死の直前まで続けられたインタビュー『生きていくあなたへ』。

日野原重明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
ヴィクトール・E...
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
デイル・ドーテン
柴田 トヨ
三浦 しをん
小池 龍之介
中田 永一
日野原 重明
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする