風をつかまえて

著者 :
  • 日本放送出版協会
3.51
  • (6)
  • (16)
  • (21)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140055618

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 北海道の小さな町。倒産寸前の従業員四人の鉄工所が風車を作り上げるストーリー。何の知識もないところへ、渡された設計図だけを頼りに作り上げた風車はあっけなく失敗に終わるだけでなく、大きな代償も伴うものだった。「俺は、風車を造ったなんて言うのが恥ずかしくなった」新たな挑戦が始まる。マイナスからの再スタートは、知識、資金、人手、すべてが足りないものばかりだったが、一家が力を合わせて克服していく様子は読んでいて爽快だった。人間関係、制作過程に山場はたくさんあったのに、思ったほど熱くなれなかったのは、登場人物の感情があまり伝わらなかったせいか?そこが残念だった。

  • 北海道の小さな町工場が風車を作る話。それなりに楽しみました。

  • 昨年の夏休み読書感想文コンクール(高校の部)の課題図書。
    読みやすいけど夢があって、高校生に読ませるにはいいかも。
    でも、大人としては、ちょっと淡々とし過ぎている気がします。
    町工場が舞台ということで、『下町ロケット』を思わせる部分もあるんですが、『下町ロケット』の佃社長が取引先の銀行に示した態度に比べて、本作の主人公たちはちょっと人間が出来過ぎてるんじゃない?というくらいあっさりしていて、いささか拍子抜けしちゃいます。
    まぁ、基本的にみんないい人ばかりの気持ちの良いお話、ということで。

  • 大変な話のわりにはあっさり

  • 家族を感じることが出来る。

    風力発電を少し、理解できる。

  • 優輝が北海道の実家の鉄工所に帰ってくると,
    親父は町おこしの風車を作っていた。
    失敗の後,今度は本格的な発電能力のある風車を作るべく,
    猛勉強と資金集めに奔走する。

    中小企業ががんばって活躍するという,わかりやすいストーリーだが,
    現実的でないような気がして,あまり楽しめない。

  • 北海道の小さな町のつぶれそうな鉄工所が風力発電の風車作りに取り組んでいく話。面白かったぁ!

  • 大人は作品を商品として評価するだろう。
    子供は作品から何を盗むことができるかかもしれない。

    北海道
    鉄工所
    町の再生
    家族
    友達
    社会
    題材がいくつもある中から、
    本当に大事なことはなんだろうか。
    何を感じることができるだろうか。
    自分ならどうするだろうか。

    むしろ、自分なら「風」をどう捕まえるだろうか。

  • 色々と挫折、葛藤、苦悩を抱えて、目標や夢なんてものを持たずに生きてきた主人公の青年が、 自分が進んで始めた事ではないにしろ、目標や夢を持ち邁進し成長する姿には、 共感できるし、今の自分が仕事に対して目標なんてものがいつの間にかなくなっていることに 気が付かされました・・・。 ちょっと青臭いですが、自分の夢や目標をもう一度、考えてみようかと思わされる小説です。

  • とても読みやすかった!!さすが課題本!!もう少し主人公の過去や心情の変化を書けばもっと良かったかも…

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高嶋 哲夫(たかしま てつお)
1949年、岡山県玉野市生まれの小説家。慶應義塾大学工学部卒業、慶應義塾大学大学院修士課程修了。日本原子力研究所(現・日本原子力研究開発機構)研究員を経て、カリフォルニア大学ロサンゼルス校に留学。1981年に帰国してからは学習塾を経営。
教育関連書や児童書に関わっていたが、1994年『メルトダウン』で第1回小説現代推理新人賞を受賞。1999年、『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞・読者賞をダブル受賞、本格的な小説化デビューに至る。2018年に『都庁爆破!』がドラマ化された。

高嶋哲夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする