バラ、はじめました Dear ロザリアン

著者 :
制作 : 小山内 健 
  • NHK出版
4.44
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140056073

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雑誌連載中から読んでました。
    新たに単行本となって出版されたと聞いて楽しみ!
    ただカラーじゃないらしいのは残念だなぁ

  • 中年の漫画家、ゴローさんがバラにはまっていく様子を描いたストーリィ漫画と日本のロザリアンたちとの対談エッセイ漫画を収録。
    漫画内の情報が意外と役に立ったりする。バラを鉢から抜く方法、この漫画で覚えて、使わせてもらっています。

  • 異色のバラマンガ。エッセイコミックかと思ったら、設定はフィクションなんですね。ロザリアンの心情がリアルに描かれていて、「あるある!」と唸ってしまいました。

  • エッセイ漫画だから軽くね、と思っていたら、思いのほか内容が濃い!主人公のゴローさんがどんどんバラにはまっていくのが、リアルでした。薔薇情報もさることながら、ちゃんと家族まじえたストーリーになっていて、なおかつ笑わせるところが秀逸だと思いました。薔薇に興味がある方で、でもあまり堅い本は読みたくないな、という方にはおすすめです。

  • 主人公が・・・他人とは思えない・・・。まんま自分かも。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

漫画家。深い洞察力と独特のギャグセンスで熱狂的なファンをもつ。現在は首が太くてタートルネックが似合わない黒帯企業戦士の男性(←夫らしい)と二人暮らし。おもな著書に、『持病のシャタク』『気やすめ言葉館』(小学館)、『友子の場合』(全3巻・小学館・映画化)、『レンジで5分』『新婚合宿』『考えることで楽になろう(協力=西研)』(メディアファクトリー)などがある。現在、ダ・ヴィンチで「みなっちの失恋反省会」連載中。

・もう一つのプロフィール……
一見、華奢でおとなしそうにみえるが、相手がどんなにエライ人でもずけずけと物を言い、まわりをハラハラさせる。が、その割には嫌われず、むしろ好かれるから不思議。「自画像がかわいすぎないか」の問いに、「ノープロブレム。それが漫画」とのこと。

藤野美奈子の作品

ツイートする