闘鬼 斎藤一

著者 :
  • NHK出版
3.05
  • (2)
  • (2)
  • (11)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 62
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140056622

作品紹介・あらすじ

芹沢鴨暗殺、池田屋襲撃、禁門の変などに関わり、永倉新八に「沖田は猛者の剣、斎藤は無敵の剣」と語らしめた。剣による命のやりとりから、兵による戦へと変わっていく激動の幕末を生き抜き、新選組隊長として会津戦争に参戦。警察官として明治の世まで命をつないだ一人の漢の半生を描く。新選組三番隊隊長を描く渾身の書下ろし時代小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新選組の斎藤一の話。読みやすく面白かった。忠義というのが好きなので、こういう書かれ方、好みだ。沖田総司とのやりとりがいい。
    2019/3/16

  • 読み終わったというより途中で挫折した。
    目新しさを求めてはいけないんだろうなとは思いつつ、あーはいはい的なキャラ作りと関係性。沖田総司は特別なのね的な。
    もちろんその様式美とも言えるキャラと関係性で魅せてくれる小説はたくさんあるけど、この小説には私はそれを見出すことはできませんでした。

  • 新選組、斎藤一の物語。
    目新しいものがなかったような気がする。
    史実に則って斎藤一を描いていただけ。
    今までにもどこかで読んだことがあるようなストーリー。
    若干の脚色が加えられていたが、それも弱かったと思う。

  • 斎藤一といえば、ついついアウトローで無口で…と少し実年齢より上を想像してしまうけれど、ここではまだ青く、フレッシュな印象で描かれている。沖田総司とは「総ちゃん」「一君」と呼び合うなど、お茶目な一面も。試衛館から会津戦争末期あたりまでを書かれているが、徐々に戦法が変化していき、「争い」ではなく、「闘い」にこだり続けたところがカッコいい!面白かった。

  • 政治的なことは最小限に、闘いから争いへ、剣による命のやりとりから兵による戦へと変わっていく時代が渦中から描かれ、ヒーロー的格好良さや脚色はほぼない。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14410226.html

  • なんていうか、歴史の人物への、オリジナルでささいな特徴づけが上手いなーーと。
    かわいい声ってvvvv
    ちょっとずつ、あ、この人、ちょっと新鮮、みたいな箇所があるのが好。
    史実の流れをとっくり知っていても、たくさんドキワクさせてくれました。

  • 会津戦争までの話。沖田くんのことを「総ちゃん」と呼ぶ斎藤さんが新鮮です。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1968年東京都生まれ。横浜国立大学経営学部卒業。2010年「我が糸は誰を操る」で第5回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞。同作は、『戯史三國志 我が糸は誰を操る』と改題し、翌年に刊行。12年『戯史三國志 我が槍は覇道の翼』、15年『誉れの赤』でそれぞれ第33回、第36回吉川英治文学新人賞候補となる。16年『闘鬼 斎藤一』で第4回野村胡堂賞受賞。7人の作家による“競作長篇”『決戦! 関ヶ原』『決戦! 関ヶ原2』『決戦! 三國志』『決戦! 川中島』『決戦! 賤ヶ岳』にも参加している。他に、『関羽を斬った男』『治部の礎』『裏関ヶ原』『孟徳と本初 三國志官渡決戦録』『老侍』『雷雲の龍 会津に吼える』『憂き夜に花を』『ぜにざむらい』などがある。

「2021年 『新風記 日本創生録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉川永青の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×