佐佐木幸綱 短歌に親しむ (NHK短歌入門)

著者 :
  • NHK出版
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140160572

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ◯短歌に親しむのタイトル通り、まさに気軽に短歌に楽しめる本。様々な歌人の歌を、テーマごとに紹介しており、自分好みの素敵な歌と出会える。
    ◯NHKの番組の本がどのようなものかは分からないが、添削の部分はやや改案の理屈が分からないと思った。しかしその点は自分の感性の悪いところなのか、勉強不足なのか判別しにくいため、引き続き短歌に触れていくことが必要だなと感じた。
    ◯冒頭に、読む前に自分で詠むと、内容が分かるとあり、まさにそのとおりであった。桜歌がする視点で読むと、短歌に心惹かれるポイントが分かりやすい。しかししかし、読後に、実際に頭を捻って二つ三つ作ってみたものの、上手くいかないものだと思いつつ、興味がより深まった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1938年東京生まれ。「心の花」主宰。早稲田大学政経学部教授を経て、早稲田大学名誉教授。日本芸術院会員。日本文藝家協会理事。紫綬褒章、読売文学賞などを受賞。歌集に『群黎』(青土社)、『テオが来た日』(ながらみ書房)など17冊。評論集・編著多数。

「2020年 『知識ゼロからの短歌入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐佐木幸綱の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×