ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙

  • NHK出版
3.67
  • (454)
  • (405)
  • (864)
  • (65)
  • (16)
本棚登録 : 5066
感想 : 549
  • Amazon.co.jp ・本 (667ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140802236

作品紹介・あらすじ

ソフィーはごく普通の14歳の少女。ある日、ソフィーのもとへ1通の手紙が舞い込んだ。消印も差出人の名もないその手紙にはたった1行、『あなたはだれ』と書かれていた。おもいがけない問いかけに、ソフィーは改めて自分をみつめ直す。「わたしっていったいだれなんだろう」今まで当たり前だと思っていたことが、ソフィーにはとても不思議なことのように思えてきた。その日からソフィーの周りでは奇妙な出来事が次々と起こり始めた…。'94ドイツ青少年文学賞、最優秀作品賞・作家賞・出版社賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もし再読するなら、ぜひ『古典力』とセット読みしたい一冊(読んだのは本書が先です)。

    だって、プラトンもデカルトもマルクス、フロイトも皆紹介されているから…。

    哲学や思想の歴史というのは、西洋の文化芸術のそれとも重なってくるので、その辺りが好きな人にとっては、たまらないと思う。びっくりするぐらい分厚い本だけども。興味のある時代や思想家から読んでいってもアリなんじゃないだろうか。わたしは「ロマン主義」ばっかり読んでいたし(笑)
    哲学者ではロック。経験主義というのが、当時中学生だった自分には一番わかりやすかった。
    今読むと、また違ってくるかもしれないけれど。

    哲学だけではなく、よく出来たファンタジーとしても楽しませてくれる。
    もう少し後に出版されていたら、世のファンタジーブームに乗って、もっと読者層を広げたんじゃないだろうか…と思うと、もったいなくもあったり。

    中盤から、え…?と驚く展開になります(ちなみに結末や種明かしは解説にも書かれておりません。あしからず)。

    クライマックスは切なく、まるで祭のあとのような儚さと虚無感があったが、ラストは希望が感じられて良かった。

    ビッグバン。無限の宇宙に散りばめられた星屑たち。

    ソフィーとヒルデは、きっと出会える。
    いつか、きっと。


    …わたしもまた二人に逢いたくなった。

    • アセロラさん
      katatumuruさん、こんにちは〜♪

      ふふ^^母親気分ってわかります。
      あんな元気な子と一緒に暮らしたら、楽しそうですね^^

      バシャ...
      katatumuruさん、こんにちは〜♪

      ふふ^^母親気分ってわかります。
      あんな元気な子と一緒に暮らしたら、楽しそうですね^^

      バシャール(・∀・)
      名前は知っていますが、本は未読なんですよね…(^^;
      katatumuruさんのレビューを拝見しましたら、なんだか翻訳する方や読むタイミングによってもだいぶ印象が変わるんだな〜と思いました。

      バシャールに限らず、本はそんな物なのかもしれませんが(^^;
      心で理解出来たって、素敵な体験ですね。

      本を通して、ご縁が出来るのは嬉しいです(^ー^)
      katatumuruさんはどんどんレビューを更新されていて凄いですね。読んだり書いたりが早いのは羨ましいです(^^ゞ
      2013/08/04
    • katatumuruさん
      再びオジャマしてしまいました(^^ゞ

      そうなんです。
      つば九郎は元気いっぱいで見ているだけでこちらも元気になれそうです(^^)
      でもいつも...
      再びオジャマしてしまいました(^^ゞ

      そうなんです。
      つば九郎は元気いっぱいで見ているだけでこちらも元気になれそうです(^^)
      でもいつも一緒にいたら疲れそうだけど・・・^^;
      オチャメで憎めません(^^)

      そうなんですよ。
      バシャールは読む時期によって内容が心にスッと入る、理解不能と全く読後感が変わる本だと思います。
      必要な時に何となく手にするようになるのかな・・・と。
      私は本田健さん訳のバシャールの言葉集を数年前に読んで、それから最初に買った本を読んだら不思議と内容がしみこんできました。
      あの時はすごく精神的にしんどい時だったからかな・・・とも思います。

      レビューは今、他のサイトから引っ越しの最中なんです。
      とても、とても・・・こんなに早くは読めませんし、書けません~^^;
      本も読む気がしない時は何か月も読まないことがあります。
      でも、そろそろ移行作業も終わりそうです。ホッ^^;
      そしたら、ボチボチ・・・という感じになると思います^^;
      2013/08/04
    • アセロラさん
      katatumuruさん、こんにちは〜♪
      コメントは歓迎ですよ^^

      レビュー更新のタネ明かし、ありがとうございます(笑)
      わたしも読まない...
      katatumuruさん、こんにちは〜♪
      コメントは歓迎ですよ^^

      レビュー更新のタネ明かし、ありがとうございます(笑)
      わたしも読まない時は全然本を読まないので、わかります。
      それでも活字中毒なので、ブログやツイッターだったりと毎日何かしら読んではいるんですけどね(^^ゞ

      今後も更新、楽しみにしています^^
      2013/08/06
  • 名前だけは何度も聞いていましたが、それだけで手に取ることはありませんでした。しかし実際に読んでみると、とっても素敵ではないですか。14歳のソフィと共に哲学の黎明から、思想を手繰っていきます。ただの思想の寄せ集めではなくて、やさしい言葉を使い、多くの示唆に富んだテキストです。そして小説としての体裁も崩していない、決して哲学を伝えるためのおまけのような物語ではない、ということです。

    何よりもこれを書こうとした著者に脱帽です。娘が14歳になったら、一緒に読んでみたいなと思わせる、そんな一冊でした。

    13/6/25

  • 高校生のとき、恩師に借りて。哲学史に初めて触れた本です。
    背伸びして西洋の古典文学をいろいろ読んでいた時期で、哲学という学問、こんな世界があることに、本当にびっくりしました。
    小説としても楽しめる本です。本好きな方に読んでみていただきたいな。

  • 学校で倫理の授業を受けるより、この本一冊読む方がよほどためになる。何より哲学が好きになる。
    前半は哲学講義でページが進まなかったが、中盤からはミステリーの本領発揮、一気に読んでしまった。『果てしない物語』?いや、落語の『頭山』のようなちょっと不気味な続きを想像してしまいました。

  • 哲学史の入門的な横断にはもってこいですね。
    大学の哲学史と並行して読むことで近代哲学についてはよく学ぶことができました。
    ボリュームたっぷりなので哲学の森で迷子になった時にはまたここに帰ってきたいです。

  • 他の哲学書よりははるかに分かりやすい。西洋哲学をざっと知ることができるが、かなり長い。

  • 分厚い本なので読み始めるのに勇気がいる。20年ぶりの再読でも躊躇った。それでも読み始めるとすいすい進むのだから面白い本に違いない。この本は、ソフィーという14歳の少女を主人公にし、ファンタジーの体裁をとった哲学史入門。「あなたはだれ?」の手紙から始まる「自分の存在とは何か?」という問いに、ソフィーがアルベルトという謎の先生の力を借りながら過去の哲学者たちの考え、思想を学んでいく。物語は、劇中劇のような構造、夢の中でみる夢のような構造だ。私たち自身はどの役回りなのか、どう振る舞うべきかを問いかけてくる。それこそがこの本の狙いだ。哲学史を学んで気づくのは、実は自然科学の探求は哲学の問いから始まっているということ。科学と哲学は根っこは同じなのだ。

  • 古今東西の哲学についてわかりやすく物語形式で書いた一冊。

    哲学なのでわかりやすくといっても限界があるものの、とても読みやすくて勉強になった。

  • とても長編ですが、読んだあとの達成感がたまらなかったです。
    この本を読んで哲学に興味が持てました。

  • 哲学の歴史をわかりやすく解説してくれる本です。
    しかも、小説になっていて物語はファンタジックで、おとぎ話のよう。内容もとても面白くてスラスラと読むことができました。
    哲学の入門書としてはこれほどの本はなかなかないのではないかと思います。
    常識にとらわれず、様々なことに疑問を持って、自分なりの回答を探しのは大切なことだなーっと思いました。

全549件中 1 - 10件を表示

ヨースタイン・ゴルデルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙を本棚に登録しているひと

ツイートする
×