フローリアの「告白」

  • 日本放送出版協会
3.45
  • (4)
  • (6)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 67
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140803974

作品紹介・あらすじ

哲学者は禁欲を、女は愛を選んだ。アウグスティヌスの『告白』には嘘が…フローリアの手紙が彼の心の闇に光をあてる。『ソフィーの世界』の著者が語るおとなの愛の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 手紙の宛名は聖人アウグスティヌス。
    差出人は彼のかつての愛人だったフローリアという女性。
    二人はどんな出会いをして、どのように別れたのか。
    フローリアの手紙から真実が見えてくる。

    手紙の内容はひと言で言えば、男の不実ぶりを綿々と書き綴ったもの。
    こういうのを長々と書くのはどんな女性?と思うけど、文面を見る限りではフローリアは聡明な女性だと感じました。
    そんな女性が心の内にずっとためていたものを吐き出した手紙。
    これは、高潔な聖人にとってはさぞや見たくない手紙だったろうと思います。
    過去の自分の見たくない部分を赤裸々に見せつけられてしまった・・・。
    ただ、この手紙がアウグスティヌスの手に届いたのかどうかは定かでないそうです。
    ラテン語で書かれたこの手紙をブエノスアイレスの蚤の市で見つけ訳し、こうやって一冊の本にしたのは「ソフィーの世界」のヨースタイン・ゴルデル。
    作者の名前はすっかり忘れていてふと手にした本ですが、何となく無意識に覚えていたのかな~という気がしました。

    フローリアが書いてあるように、何かを頑なに禁じるという事はむしろそれに振り回されているという事なのだと思います。
    『愛することや食べることがわたしたちをあまりに楽しませて困るのなら、これらをあやつる技を身につけさえすればいいのです』

  • 禁欲を説く宗教家に対して元愛人を仕立て、徹底的に愛欲で反論するという展開。フィクションと現実の混ぜ具合が、絶妙。

  • 「フローリアがアウグスティヌスに宛てた手紙を発見し翻訳しました。翻訳できない箇所もあるけど、できるだけ注約もつけて分かりやすくしましたよ。」
    っていう演出がいかにもこの作者らしい。にやりとしてしまいます。

    内容は、自分を捨てて出世した元カレに皮肉と愛情をたっぷり込めた手紙。
    真面目に読み解けば、アウグスティヌス(元カレ)が示した宗教における性愛に対して、フローリア(元カノ)が、自分達たちが愛し合った日々の実例を出しながら、真っ向から反論している。ってこの本、出版当時、宗教家たちからクレームこなかったのか?


    ソフィーの世界に出てくる哲学者の名前があったりして、なかなか興味深く読めました。

    アウグスティヌスの方もいつか読んでみたいな。

  • 司祭に昔の妻が宛てた、あまりにも生々しい「愛」の手紙。
    フィクションとノンフィクションの狭間の、とても面白い話でした。

  • これはノンフィクションなんでしょうか。
    てっきりそう思い込んでいたんだけど、もしかして著者も出演する小説なのかな・・
    だまされていたようで悔しい・・

  • フローリアの「告白」は中2の私には難しかった。
    結構単調だから、途中でお腹いっぱい、もう沢山ってきぶんになっちゃう。
    受験終わったら再チャレンジしようかな。

全6件中 1 - 6件を表示

ヨースタイン・ゴルデルの作品

ツイートする
×