田中一村 豊饒の奄美

著者 :
  • NHK出版
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140808603

作品紹介・あらすじ

奄美の懐に抱かれて豊饒の自然を描きつづけた画家の生涯。田中一村に関って19年、著者渾身の一村論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 県立図書館
    手紙や資料、インタビューを元に著者が考察した一村についての本

    著者の父も芸術家のため、自分の父のことも本文に書いてあり、一村なら一村で区別して書いてほしかった

    一村はいっそんと読む
    若いときは米邨(べいそん)
    一村の父は彫刻家
    父の影響で7、8才から絵をかく
    東京美術学校3ヶ月で終わる、家事都合
    結核だった
    家族が亡くなり、生活費を稼がなければならなかった
    千葉寺で新築を建てた
    昭和21年日展に初入選、秋の院展に入選
    昭和22年に一村と改名して、青龍展初入選を果たし画壇にデビューする
    奄美に移住
    庭にはパパイヤの木があり放し飼いで軍鶏を飼っていた
    65才で亡くなる

    著者自身、S59NHKの番組で知ったそうだ
    その番組への反響が大きかった
    美術商から抗議がきた
    これはイラストでデザインだ、日美で紹介する作品ではないと
    しかし世間の反応は逆で、展示会は決まるし、作品集の問い合わせはあるし、美術の教科書に掲載したいとの依頼もきたそうだ

    《感想》
    伊藤若冲、ゴーギャンやルソーを彷彿させると新聞各社は伝えた
    私も一目見てピンときたのがルソーだった
    実物を見てないので何とも言えないが、艶やかなのは間違いないだろう
    その色彩の豊かさと奄美がマッチした画風で、専門家がイラストだ、デザインだと言われようが、いいと思えばそれでいい
    芸術は理屈でないと思う
    稀有な作品には間違いない

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

安野光雅美術館館長

「2022年 『ベスト・エッセイ2022』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大矢鞆音の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×