ニュートンの海―万物の真理を求めて

制作 : James Gleick  大貫 昌子 
  • 日本放送出版協会
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140810637

作品紹介・あらすじ

いまから300年以上も前、ひとりの男が人間の世界を一気に変貌させた。ただの一度も海を見たことがないまま、潮汐の現象を解明し、外界との接触を拒んで、万有引力の法則を発見した、孤高の天才アイザック・ニュートン。彼は自然現象のすべてに疑いの目を向けて、世界を解明した。ニュートン力学はアインシュタインによって葬り去られたというのは大きな間違いである。いまだに私たちの日常生活はニュートン力学に基づいて機能している。『カオス』の著者グリックが、いま、あらためてニュートンの素顔とその偉大な業績に迫る。英米のベストセラー・サイエンスノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 伝記物というよりニュートンの解説みたいに感じました。
    でもニュートンの人物像が浮き出てくる所はやはり伝記的要素によると感じました。
    ニュートンは引力以外にも色々やっていたとはじめてしりました。

全1件中 1 - 1件を表示

ジェイムズ・グリックの作品

ツイートする