福耳落語

著者 :
  • 日本放送出版協会
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140811245

作品紹介・あらすじ

初心者はワクワク、落語通はびっくりの前代未聞の聴能力!Scenelessの著者が魅了された落語の世界。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「sceneless」(←全盲者の意味をもつ著者の造語)の著者。落語が好きで、落語のテープは聞きすぎてのびるほど。
    小学生のころから聴きはじめ、気づいたら落語通になっていたのだとか。
    そんな彼女が描く落語の噺。落語の所作を習いに行ったり、お囃子をならってみたり。まさに落語研究本。
    初心者にもわかりやすく、落語の裏がかかれている。
    それにしても彼女はパワフル。物怖じしない性格に取材される落語家や周りの人が圧倒されている感じ。
    その分、取材を受けるほうも真剣で、丁寧である。だからこそわかりやすい。特に面白かったのが落語の所作について。物を食べる、手紙を書く、タバコをすう…扇子や手ぬぐいが落語家の手にかかると、実物に見えてくるから不思議だ。

  • 普段見えているからこそ、何気なく見過ごしてしまう落語の所作など、改めて再確認できた。
    「Sceneless」をものともしない行動力と探究心は素晴らしい。
    面白いことが好きなのはわかるが、文中にたびたび登場するオヤジギャグは寒すぎ。講演ではいいだろうが、文字になると寒さが際立ってしまう。

全2件中 1 - 2件を表示

三宮麻由子の作品

福耳落語を本棚に登録しているひと

ツイートする