脳から変えるダメな自分 「やる気」と「自信」を取り戻す

著者 :
  • NHK出版
3.74
  • (22)
  • (29)
  • (32)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 272
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140813706

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本に出会えて良かった。
    僕が変わるためにすごく必要な本
    もっと早く出会っていたら、自分の学生生活も180度違うものになっていたかも知れない。。。などと今さらどうしようもない想像をしてしまう。
    過去を悔やんでも仕方ない、大事なのはこれから行動を起こすこと。

    自分がどのようにダメ人間なのかを脳科学の観点から説明し、
    その改善方法も書かれている本。
    「やる気がおきない」「集中力がない」「考えがまとめられない」など項目毎に分けられているので、自分の苦手な部分だけを読むこともできる。


    ○やる気は自分で作り出すもの
     行動することによって蓄積されるエネルギーだと考える
     適度な運動と作業で脳の血流を良くし、作業興奮を与える
     仕事は小さな課題に分解し、感情系の協力を得られやすくする

    ○抑制の力を得られやすくするために
     少し面倒だと思うことを積極的にする
     「面倒くさい」は禁句、人任せにしない、他人のせいにしない
     少し辛いと感じる長さの文章を音読する
     テレビやラジオの教養番組をメモを取りながら視聴する
     (要点を理解しようといしながら見たり聞いたりする)
     最悪でも目は動かす(変化を与える)

    ○時間を無駄遣いしないために
     開始時間を正確に明記する
     仕事の優先順位をつける、紙に書く


    ○集中するために
     脳の覚醒水準の波を自分でコントロールする
     時間制限を設ける。砂時計で意識づけする

    ○自分の考えをまとめる(主体性を身につける)
     誰かの左脳に依存するな
     何事も自分で判断し、その理由も説明できるように
     そのテーマで話したり書いたりして自分の考え整理できるか確認

    ○アイデアが浮かぶようにするため
     ひらめきは「応用を解く鍵」なので基礎固めを徹底する
     良いアイデアにたどり着くまでの学習や取捨選択のプロセスを惜しまな 
     い

  • 新書でも著者の本は拝読していますが、こちらは読みやすく、習慣にすべきことが頭に入りやすい。私はとても参考にしています。後書きなどからお人柄もら感じられ、今は私のバイブルの一冊です。

  • 自分にあてはまる思考・行動が数多く書かれており耳が痛かった。やらなくてはいけないのにどうしても行動できない、易きに流れてしまう方はぜひ一読を。

  • 2009年4月25日初版

    臨床の現場に携わる著者が「脳の性質から知る、自分の弱点に克つ方法」を解説。
    脳の性質を知っておけば、効率的に脳を扱えるし、また問題点の改善もやりやすい。

    「やる気」だろうが「自信」だろうが脳の産物であることには違いない。メンタル的要素も脳によって生み出されている。

    よく「脳を鍛える」などという表現が見られるが、それは頭を良くする_つまり思考力を上げる_とは違う。

    脳をテレビに例えると、ゲーム機を接続したり、BSを見られるようにすること、ではなく、テレビの受信方法(画像が乱れていたらアンテナ線やアンテナ本体の調子を確かめる)、やリモコンの使い方(電池は入っている?それってビデオのリモコンじゃない?)ということを知る、ということ。


    存外こっちのほうが重要だと思うのだが、どうにも「高機能」に煽るような風潮があるように思う。

    それはさておき、なかなか良い一冊でした。

  • 正しい努力をすれば、人は何歳からでも変われるものです。
    ー良い言葉だ。励みになる。

    「やる気が起こらない自分」を変えるポイントは、次の三点。
    ・やる気は行動することによって蓄積されるエネルギーであると考える。
    ・適度な運動と作業により、脳の血流を良くし、また作業興奮を起こさせる。
    ・仕事や勉強を小さな課題に分解し、感情系の協力を得やすくする。

    時間を使いすぎる可能性があることを何となくは始めない。
    周囲の情報に注意する力をこまめに回復させておく。

    ぼんやりと街の景色を眺めながら、心の傷が癒えるのを待ったり、ふとした思いつきで映画館に入り、偶然見た映画におしえられることがあったりする。
    人生の熟成は、そうやって進んでいくものだと思います。

  • 「脳から自分を変える12の秘訣」(新潮文庫 2013年刊)に改題。

  • ダメな自分の原因を脳の性質に求め、改善のためにどうするのが望ましいか教えてくれる本。

  • 各テーマが独立しており、気になったところから読み始められる。通して読むと、それぞれの対応策が共通していることに気づくと思う。例えば歩くことや手を動かすことで脳の血流が良くなり、やる気や集中力が高まる。簡単に出来る作業をこなす事で作業興奮が起こり、前向きに取り組める。考えたことをメモに残すことで、思考系を鍛え失敗を繰り返さなくなる等々。簡単に実践出来るアイデアが多く、早速試してみたくなった。

  •  現代は、多くの人にとって非常に生きづらい時代だと思います。先行きが不透明な中で、日々の難しい問題に対処していかなければいけない。こういう時代に、もっとも大切と考えているのは、次のようなことです。●健康を失わないこと。●勤勉さを失わないこと。●仲間を失わないこと。●冷静さを失わないこと。
     できるだけ十分な睡眠を確保し、節制を心がけ、規則正しい生活を送る。目の前にある課題を小さく分解してコツコツ解決していく癖をつけて下さい。
     「小さなやる気をたくさん出す」そが勤勉であるということだと思います。
     今ある人間関係をもっと大切にしてください。
     「理性的である」ということを常に心がけるようにしてください。

  • なるほど。

  • 1.やる気が起こらない。
    8.アイデアが浮かばない。
    9.時間を無駄遣いしてしまう。
    11.ネガティブ思考に陥りやすい。

    以上、深刻に、どうにかしたい。

    2.集中力が無い
    3.早起きを定着させられない。
    4.制御の力が落ちている。
    10.同じ失敗を繰り返す。

    以上、非常に思い当たるのでどうにかしたい。

    こういう本は、今の自分にいかに合うかで良し悪しが全く違ってしまうので、読むタイミングが難しい。
    今回は、今読んで良かった。
    いくつか簡単なことから、やってみようと思えたので。

    ★やる気が起きない→動く、歩く。(歩くのが嫌いだということが本当にやる気の出ない一因と理解した)
    ★アイデアが浮かばない→基礎的な問題を解く力があるか?(DSの脳トレなど、なるべく毎日、短時間繰り返してやろうと思う)

    とりあえず、この2つから・・・。

    あとがきに代えて・・・にある、大事なこと。
    ●健康を失わないこと
    ●勤勉さを失わないこと
    ●仲間を失わないこと
    ●冷静さを失わないこと
    すでに、3つは失っていると気付く切なさったら・・・・。

    出来ることから、頑張ろう。

  • Q.以前もこの本を読んだが今度は早起きと時間の無駄遣いと同じ失敗を繰り返すをメインに再度情報を得て行動をする


    ☆起床時間が不安定だと有効に使える時間が減るので、一定にする事により脳の活動安定や心身の回復のしやすさを促す
    →日中は日光をよく浴び、寝る前は極力暗い所へ行き身体を温める

    ☆睡眠不足と過労を避ける事が時間術の基本
    →今日はどこまで!を明確に

    ☆何故その失敗は繰り返すのか、どう克服出来るかの失敗する分析をする

  • 個人的に好き!
    脳の使い方とか、絶対に効率が良くなる方法を使った方がいいと個人的に思っているので。

    いくつかのトピックが今の自分に必要なことだったので、徐々に生活の中になじませて行けるかな、と思っています。

    内容はとても気に入りました^^

    すごーくさくさく読めますね。

  • まずは行動すること。やる気は行動によって蓄積されるエネルギー。小さな課題に分解し、よりシンプルにして、感情系の協力を得る。早起きするときも、感情系に「起きたい」と思わせる快を与えるとよい(明日の予定の確認など)。状況依存性、確固たる生活リズムがあれば、勘定は安定しやすく、脳も混乱を起こしにくいので、大きい変化にも対応できる。

  • この本は、緑のカバーでたいへん目立ちます。また表紙が可愛く、
    つい手にとって読みたくなりました。

    医学博士であり、脳の本を何冊も書いている築山さんの本です。
    毎日の一般的な生活において、気をつけた方が良い点の紹介や、
    前向きやクリエイティブに生きる方法を簡単に紹介しています。

    やる気が起きない時に、この本では、簡単なことからやりましょうと、
    説いています。例えば、机のかたつけから始めると良いと思います。

    また、仕事や生活をする上で、いくつかの困った場合に
    分類して解決方法を紹介しています。
    「早起きを定着させれない」、「アイディアが浮かばい」....

    築山さんの本は、簡単にわかりやすく説明されているので
    たいへん良いです。
    やさしく脳の勉強をしたい方におすすめです。

  • 読書メモ#1

  • できる人になるためにどういう習慣をつけたらいいのか、どういう行動をとればいいのか、脳科学に基づいてわかーりやすく説明されてる。
    半分くらい読んだ。

  • やる気→簡単、歩く。集中力→バイオリズム。早起き→日光→夜→暗い→風呂。抑制力→我慢→面倒なこと。考えがまとまらない→自己紹介を書いてみる。アイディアが浮かばない→応用問題が解けない→基礎力が身についていない→情報の復習。パソコンの時間→休憩。失敗の繰り返し→客観的に観察→5W1H分析。ネガティブな考え→食事、睡眠不足→簡単にできること(素振り、守備、走行)
    変化に耐える→強さ→仲間、健康、勤勉、冷静を失わない

  • ・仕事や勉強を小さな課題に分解し、感情系の協力を得やすくする

    ・時間の制約を設ける

    ・集中して仕事や勉強に取り組む時間帯は固定させたほうがいい

    ・起床時間を一定にすることは、脳をうまく使うために最も大切なこと

    ・感情系に「起きたい」と思わせる快を与えてあげることgあ重要

    ・「今日、何をどこまで」を明確にして毎日「充実した数時間」をつくる

    ・思考の整理は物の整理に表れる

    ・自分にとって価値があると思えることを実行し、その成果を確認する

    ・「確実にできること」をしている時間を増やす

  • 早起きできそう。「朝は学ぶ、昼は働く、夜は休む」が基本、「スランプは食事と寝不足から来る」そうですね、実感します。。。

全33件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

(財)河野臨床医学研究所附属北品川クリニック所長

「2018年 『[図解]「疲れない脳」をつくる39の習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

脳から変えるダメな自分 「やる気」と「自信」を取り戻すのその他の作品

築山節の作品

脳から変えるダメな自分 「やる気」と「自信」を取り戻すを本棚に登録しているひと

ツイートする