大腸菌 〜進化のカギを握るミクロな生命体

  • NHK出版
4.28
  • (12)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140814031

作品紹介・あらすじ

ヒトが一生を通じて"おつきあい"する身近な存在でありながら、みんなに嫌われるばっちい細菌…。しかしその実態は、豊かな個性や生態をもち、進化のしくみをとくカギとなるユニークな生命体だった!数々の分野の研究者にノーベル賞をもたらし、古今東西の科学者たちを魅了しつづける大腸菌-エシェリキア・コリ。いままでの悪役イメージをくつがえす、科学と大腸菌の"愛"を描いたサイエンス書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 写真も絵もほとんどない。

  • 大腸菌
    1990年代、ノーベル賞の受賞者はのきなみ分子生物学の分野であった。彼らの研究対象はおもに「エシュリキア・コリ(E.コリ)」、つまり大腸菌である。その大腸菌について、さまざまな角度から迫った解説書。

    ・O-157
     出血性大腸菌、として人を死に至らしめる病原菌としておそれられている。
     人の腸管に潜伏すると、腸壁に穴をあけて潜りこみ、出血を引き起こす。
     人にとってはかなりの脅威だが、じつは牛や羊の常在菌(約30%は持っている)。このおかげでガンや病気にかかりにくいとの報告もあるが実際の効果はまだ不明。
     感染例として報告されているのは、いずれも生焼けのパテなど。
     きちんと処理すれば問題ないが、とさつ時に直腸を傷つけたりすると、人に移るようになる。

    ・E.コリの「個性」
     早く大きくなる、ゆっくり大きくなる、乳糖を分解できる、できない・・・など彼らは集団ごとに様々な個性を見せる。
     彼らの変異の原因は、遺伝子のミスコピーが原因の「突然変異」(ダーウィン説)なのか、あるいは環境による圧力が「形質遺伝」として伝わる(ラマルク説)のか。
     1940年代のイタリア人学者、ルリアの実験でダーウィンの「突然変異」説に軍配が上がった(スロットマシンのジャックポット式)。
     同じような環境の圧力(耐性を持たないウィルスへの感染)をかけたコロニーをいくつか作る。
     そのなかでダーウィンが正しければ、「大当たり(ジャックポット)」が出るはずで、ラマルクが正しければ、みな同等に生き残るものが出てくるはず。
     結果は「大当たり(ジャックポット)」であった。これにより、細菌の変異もダーウィンが正しいとされた。
     しかし、一方でそれに当てはまらない振る舞いも散見された。「進化 (具体的に言うと抗生剤への耐性の獲得)」が早すぎるのだ。
     まるで遺伝子が個体の壁を越えて、あちこちに飛び回っているかのように・・・
     これらの伝播の方法は「水平遺伝子移動」と現在では呼ばれている。
     実際は、プラスミドやウィルスが個体から個体へ「気軽に飛び回」っているのだ。
     これらの事実は、ダーウィンの進化論とともにもうひとつの「進化の系統」があることを示唆する。
     人間のミトコンドリアがかつてまったく別の生き物で、いつの頃か等か人間の細胞に共生し、酸素呼吸からの高いエネルギーを供給するようになったことは有名だ。
     それと同じことが数限りなく起こっていたことになる。
     地球環境という広大な実験室の中で磨き上げられたハイエンドなシステムをもつ生物(ウィルス、細菌、その他・・・)が、我々の細胞に「感染」する。ふつう、それは一代限りのものだが、中にはそこから「出てかない」という変異を起こし、共生を選択したものもいる、という可能性だ。
     「種の壁を越える」というのは以外に頻繁に起こっていることのようである。
     実際に、98000を越えるウィルスと、150000のウィルスの変異体の名残をヒトゲノムにみつけてきた。この中には、胎盤のように人間になくてはならないものとして機能しているものもある。

  • E.コリを狂言回しに、分子生物学の発展、進化論、遺伝子操作、生命の起源をあざやかに鳥瞰していく。水平遺伝子移動が進化に果たす役割の大きさが興味深い。K-12やプラスミドといった最近(個人的に)馴染み深くなってしまった言葉も登場。E.コリがそんなに分子生物学の立役者的存在だったとも知りませんでした。

  • 旦那さんに「また大便の本か・・・」といわれたのですけれども、全然違います!そんなちんまい話ではありません!
    大腸菌を舞台にした、進化と分子生物学の本です。
    生物・遺伝子・医療・宇宙開発・・・あらゆる分野で、大腸菌は大活躍している。

    用不用説と自然淘汰説、決着をつけたのは大腸菌だった・・・とか、知らなかった。普通の生物は進化を観察するなんてことは無理だけれども、30分で一代増える大腸菌なら可能になる。
    「突然変異は偶然だけれど、自然淘汰は偶然ではない」偶然起こった形質は、環境によって受け継がれやすさが決まる。用不用説も、あながち間違ってはいなかった。それも大腸菌が教えてくれたこと。

    大腸菌は、小さな小さな体で、どれだけ人類に大きな貢献をしてきたことか。
    そしていまや、遺伝子を操作され、大して見返りもないのに自身の生存に不必要な蛋白質を作らされ、人間の為に働かされていることを思うと、彼らの偉大さはもっと知られてもいいのではないか、と思った。

  • 大腸菌の研究史はすなわち生命化学研究史。歴史が学べる上に、新しい知見にも言及している。良書。
    同じ遺伝子集団であるコロニー内でも反応の異なる大腸菌が存在する。それは、応答のゆらぎによるもので、それが生存戦略となっているというのが興味深かった。しかも、それが遺伝するように見えるというのは、エピジェネティクスというやつか。
    大腸菌が老化するというのも言われてみればなるほど。確かに端っこは古くなるわけである。
    長く研究されているとはいえ、まだまだ大腸菌には謎が残されている。大腸菌を扱うのも将来のためによいかも。

  • 1 生命の軌跡
    2 E.コリにあてはまることは、ゾウにもあてはまる
    3 細菌単体としてのシステム
    4 自然界での社会生活
    5 絶え間なく流れる生命の川
    6 存続を賭けての戦略
    7 進化のスピード
    8 オープンソースの遺伝子マーケット
    9 生命の起源にさかのぼる
    10 生命を人工設計する
    11 さて、地球外の生命は?

  • 面白かったです。写真やさし絵が一枚もなく文章だけで説明しているので、いくらか知識がないとわかりにくいです。講談社ブルーバックスの「アメリカ版大学生物学の教科書1,2巻」を参照しながら読みました。

  • 2010.01.17 朝日新聞に紹介されました。
    読んでみたいかもしれない・・・

  • 100117朝日新聞書評

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年生まれ。サイエンスライター
『進化大全』(光文社)、『進化』(岩波書店)、『ウィルス・プラネット』(飛鳥新社ポピュラーサイエンス)など多数。

「2017年 『カラー図解 進化の教科書 第3巻 系統樹や生態から見た進化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カール・ジンマーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ローワン・ジェイ...
サイモンシン
村上 春樹
セオドア・グレイ
大野 更紗
村上 春樹
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

大腸菌 〜進化のカギを握るミクロな生命体を本棚に登録しているひと

ツイートする
×