Q わたしの思考探究(1)

  • NHK出版
3.62
  • (2)
  • (14)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 82
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140814604

作品紹介・あらすじ

現代のさまざまな疑問や悩みに惑う「謎かけ人」に、日本の英知ともいうべき21世紀「賢者」たちが答える、対話型知的エンタテインメント。問い、考え、気づくことの現代的意味とは?NHK教育テレビ番組のエッセンスが1冊に。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 180224 中央図書館
    なかなか面白い企画をNHKはやっていたものだなあと感心する。

  • 哲学などの思想的な、いわゆる世間では難解だと思われているようなことを、各界の第一線の論者が端的に解説している。一編が短いのでやや消化不良気味な箇所がないわけではないけれど、哲学や思想に関する入門の入門としてはとても良いと思うし、臨床的な、日々の生活の中のテーマに引きつけて述べられている箇所が多いので、身近に感じやすい。
    個人的には言語学の町田先生が流石という感じ。
    1時間ぐらいでさっと読めるはず。面白かった。

  • 著名な方のまじめで意外な悩みに関する知識人との対話からひとつの解を見出していくテレビ番組の書籍版。
    章末賢者の勧める5冊は、それぞれのテーマの良いブックガイドになる。

  • 現代に惑う「謎かけ人」に21世紀の「賢者」が答える!

    今「考えること」が改めて切実に求められている。
    「自分とは?」「幸せとは?」「仕事とは?」「恋愛とは?」
    こうした哲学的疑問に対し、
    日本を代表する賢者が各々の人生観や知見から、
    知恵や回答を導き出す。
    彼らの対話の中に、あなたは新たな知を見いだすだろう。

    現代のさまざまな疑問や悩みに惑う「謎かけ人」に、
    日本の英知ともいうべき21世紀「賢者」たちが答える、
    対話型知的エンタテインメント。
    問い、考え、気づくことの現代的意味とは?
    NHK教育テレビ番組のエッセンスが1冊に。


    「自分とは何か」を問うときに、
    どうしても切り離せないのが「他者」の存在。 そんな非常識な常識があります。

     「他者と出会い 自分を再編成する」 (鷲田清一)

    自分とは、他者にとってみれば他者の中の一人にすぎなくて
    その中で「意味のある存在」になれたときに、
    はじめて自分の存在を認められるのだそうです。
    そうなれば、もう自分というものを問わなくなると。

    「自分とは何か?」を考えるより、
    自分の衝撃を与えてくれた人を列挙してみてはどうか。
    そんなことをおっしゃていました。
    つまりは「複数の他者を持つ」…

    私だけにあるものを探すだなんてムダなんだよ。
    他者との共通点を見つけようとするけれど、
    それじゃ自分というものは一向にわからない。
    他者と語り合えば語り合うほど、相違点が見えてくる。
    それが、本当の理解。


    NHKの「Q 私の思考探求」という番組を採録したもの。
    第1回の富永愛 vs 鷲田清一「自分とは何か」。
    第2回が「なぜ戦争はなくならないのか」。
    3回が「言葉とは何か」。
    そして「働く意義とは」、「恋愛とは何か」、「哲学的に考えるとは」と続く。
    カンニング竹山と橘木俊詔さんの「働く意義とは」の回が面白い。

    竹山さんは子供のころに家庭の事情で経済的な浮き沈みが激しかったため、
    人というのはお金の有る無しで変わるのだと考えるようになったという。
    高校を出た後、お笑いをやりながらアルバイトで生計を立てていたときも、
    何のためにこんなことをやっているのか悩んでいたという。

    しかし急に宝くじが当たって一生食べていけると言う保障が出来たとしても、
    たぶん仕事はやめないだろう。
    人は食べるために働いているが、それだけではない何かがあるのだろう。

    西洋ではキリスト教がもとになった、
    労働と倹約ということが重視されている。
    資本主義社会で経済を強くするためには、国民が働かなくてはならない。
    働くということが、人間の活動の本質であるという合意が市民の間で確認されたのだ。
    「働かざるもの食うべからず」という言葉も、
    新約聖書の言葉だそうだ。
    そしてそれを広めたのはレーニンだったらしい。

    日本では労働は苦しみだという考えはあまりなかったらしい。
    江戸時代、「働く」は「傍楽」といって周りの人を楽にするという意識があったそうだ。
    そんなふうに意識を変えてみると、
    つらいばかりの仕事も少しは楽になるのかもしれない。

  • 番組見てたらもっと楽しかったろうな。
    深い話だった。
    戦争がなくなるためにどうしたらいいのか、考えさせられた。

  • テレビの番組であっただけわかりやすい。

  • 6つの疑問について、対談が行われている。どれも面白い。

    ひとつ、良いなぁと思ったのは、
    江戸時代には、働く は、 傍楽 と言って、周りの人を楽にするという意識があった。
    というもの。

    その意識を持って働きたいな

  • 紹介されている本も沢山あるので、
    ここから世界が広がる感じがします。

  • 「働く」を昔の人は「傍楽」と言ったそうな。
    なんだかこのフレーズいいなぁ

  • ↓NHK出版ホームページより引用↓

    現代に惑う「謎かけ人」に
    21世紀の「賢者」が答える!

    今「考えること」が改めて切実に求められている。「自分とは?」「幸せとは?」「仕事とは?」「恋愛とは?」こうした哲学的疑問に対し、日本を代表する賢者が各々の人生観や知見から、知恵や回答を導き出す。彼らの対話の中に、あなたは新たな知を見いだすだろう。

  • 哲学的に考えることは楽しい。
    すごく分かりやすい。対話形式なのですんなり入る。
    又吉の言葉に対する考え方を知りたくて読みました。

  • 哲学で主要なテーマとなるような問いに対し、芸能人と学者が対談形式で話を掘り下げていく話し。

    NHKで放送されていただけあって、とても平易な表現でどんな人にも分かりやすく、「自分とは何か」「なぜ戦争は起こるのか」などといったテーマについて述べられていた。

    哲学的な問いへの入り口となる本で、そのテーマに関心を持ってより詳しく知りたい場合には、それ用の本が5冊程度ずつ紹介されているのもとても良いと思った。

  • この本の中で紹介されているいくつかの本を読んでみたいと思いました。

  •  本のタイトルにある番組「Q わたしの思考探究」が非常に面白かったので(この哲学系番組が放送できた背景は、多分マイケル=サンデルの「ハーバード白熱教室」という政治哲学系番組が予想外にヒットしたことが影響しているに違いない)、その番組の「内容をまとめた本も」ということで買ってみた。
     本書は全12回の番組の第1回~第6回までの番組内容を文章にしたもの。番組をすべて見たので本の内容も番組内容を文章に落としたものなので全て分かっていたのだが、それでも「自分とは」や「言葉とは」、「働く意義」などの哲学的テーマについて、非常に平易な説明で問いや考えを教えている賢者(回答者)の先生方に頭が下がる。見習わなくてはならない。
     哲学ものはあるが、がっちり正面から突破していく正攻法ではなく、極めて平易な言葉で身近な疑問点を取り上げ、徐々に問題の核心へと迫っているのは見事。

全16件中 1 - 16件を表示

著者プロフィール

上田紀行
1958年東京都生まれ。文化人類学者、医学博士。東京工業大学教授、リベラルアーツ研究教育院長。東京大学大学院博士課程修了。86年よりスリランカで「悪魔祓い」のフィールドワークを行い、その後「癒し」の観点を最も早くから提示し、現代社会の諸問題について提言を続けている。
日本仏教の再生に向けての運動にも取り組み、2005年にはスタンフォード大学仏教学研究所フェローとして講義を行う他、ダライ・ラマ14世との対談も出版する。著書に『生きる意味』『スリランカの悪魔祓い』『ダライ・ラマとの対話』『人間らしさ』など。

「2019年 『立て直す力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上田紀行の作品

Q わたしの思考探究(1)を本棚に登録しているひと

ツイートする