バイオパンク DIY科学者たちのDNAハック!

制作 : 矢野 真千子 
  • NHK出版
3.64
  • (14)
  • (22)
  • (21)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 313
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140815328

作品紹介・あらすじ

コンピュータハッカーの第一世代が自宅のガレージで革新的な技術やソフトウェアを生み出したように、21世紀のバイオハッカーたちも自宅のガレージやキッチンで、オープンソースのDNAデータを使って生命言語の操作に乗り出している。MITを卒業後、遺伝疾患の原因遺伝子の有無を調べる検査法を自宅のクローゼットで開発した才媛。会社勤めの傍らオープンソースのサーマルサイクラーを製作する青年たち。独学で身につけた遺伝子組み換え技術で、粉ミルクに混入した有毒物質を検出できる乳酸菌を開発した女性。シリコンバレーの住宅街のキッチンで、癌治療薬の研究に乗り出した二人組-。本書は、大学や企業といった組織に属さないアウトサイダー科学者たちがくり広げる、生命科学の最前線レポートである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 規制にとらわれず活動する生命科学者とその夢をいきいきと描く。生命科学には信じられないほどの未来が秘められていると思う。しかし、ITによる世界の変革が例にだされていることに違和感がある。工学やITは人間が作り出したものでる。一方で生命科学は自然の中で作られた生き物を扱うのでなかなかうまくいかない。そういった違いに触れられていないこともないが、そういったほかの技術との違いは意識しておかなければならないと感じた。

  • 確かに、遺伝子の切り貼りは台所レベルの温度管理と材料と酵素があればできるけれども、町中でインフルエンザの研究されても困るだろう。特に変な人達が研究しだしたら収集がつかない。
    研究機関では、専門知識を持った人がレベル4の陰圧設備の中で実験しているのだから・・・。いかにもアメリカ的な主張だが、リスクが高すぎると思った。

  • 明らかにメイカーズを意識した内容だけど、その技術の凄さよりも人物紹介に重きを置いているので、とても頭の良い人たちなんだなとは思うが、どれだけ凄いことをしているのかはよく理解できなかった
    とはいえ必読な書籍であることには変わりありませんが

  • ガレージでIT関連の企業が増えたり、最近では「メイカーズ」というDIYの流れが合ったりするが、この本で書かれているのも似たような”自分でやる”精神を持った人たちの話。何をやるかと言えば、「生物学」(主に遺伝子工学)。
    遺伝子を読んだり、自分で書いたりする機材が発展したこなどとから、自宅のラボでガンの特効薬を作ろうとしたり、途上国向けに安価な検査キットを作成したり、こういったDIY生物学のムーブメントを推し進めるためにいい感じのガレージをレンタルするサービスを立ち上げたり、思い思いの形で”自分で生物学している”人たちを描いている。
    とはいっても、「ガレージで細菌を使って日夜何かを研究している人が隣にいる」というのは一般人からしたら怖い話で、規制すべきか、今アメリカでは問題にもなっているそうだ。
    そういった偏見に対して、DIY生物学者たちは以下の3点から筋違いだと反論している。
    1:一から合成生物や新種の細菌を作るのは(現段階では)不可能
    2:例えできたとしても、適者生存の厳しい自然界では”温室育ち”の細菌など生きてはいけない
    3:そもそも、わざわざ遺伝子操作して生物兵器を作らなくても、キッチンでちょっとした操作をするだけですぐに危険物は作れる
    また、FBI捜査官の中には、こういったDIY生物学者たちをFBIとつなげておくことで、近隣で何か生物学的な危険物を作っている怪しい人物がいれば通報するよう、セミプロたちのネットワークを形成してお互いの発展を促進しようとする人もいるらしい。
    日本では全く馴染みのないことだけど、DIY生物学者は日本にはどれくらいいるのだろうか?

    ---
    こういう翻訳物に付き物なのだけれど、真ん中辺りでダレる

  • 自宅やガレージで,バイオテクノロジーを駆使して,DIY生物学をやってしまう人達を取材した本でした.

    前に読んだ「オープンサイエンス革命」との関連で考えると,本文にある「バイオパンクをその気にさせてきた技術,彼等の活動を可能にしてきた技術の大半は,過去四〇年の学・産・官のラボから生まれたものだ」というのは重要な指摘だと思います.

  • 最近バイオ(生物学)の世界がにぎわっていて、次のビジネスのトレンドとしてバイオが来ると言われてたりもするので勉強のためにKidleで購入。

    本作は、企業ではなく個人として「DIY生物学」を実践するバイオハッカーにフォーカスしている。

    IT業界において(IBMやOracleのような大企業とは違い)ガレージからAppleが生まれたり、学生寮でFacebookが生まれたようなことが今後はバイオ業界(医療・製薬)の世界でも起こるという。

    自分の知らない世界における、イケてる研究者たちの活動が垣間見れた。

    --

    Memo


    整形の設計し地所であるDNAコードはコンピュータのプログラミングに使うコードに驚くほど似ている

    バイオテクノロジーの本質は、遺伝子を混ぜたり配列を組み換えたりして、自然界に現存しないものをつくり出すことだ。

    遺伝子のアルファベットでできた文字列の意味を解読する研究をゲノミクスという。

    DIYバイオのメンバーは、科学をもっと遊び心のあるものにしたい、そのカギとなるのは価格を下げることだと考えている。もう一つのカギは場所だ。

    ティンカーすることは、想像力の本質だ

    城壁内にある知見は権力を保持したい数人の利益にしかならないが、開放された治験は万人の役に立つ、というのがバイオパンクたちの考え方だ。

  • ホリエモン推薦

  • DNAを利用するようなバイオ技術は既に大規模な研究機関や大学で行うものではなくなりつつあり,キッチンやガレージで趣味で行うことができるレベルに達しつつある.このような現状において,黎明期の草の根のコンピュータソフトウェアの開発と,その相似性を指摘するのが本書である.

    本当に誰でも自由にDIYでDNAハッキングを行える時代が到来するのか.また,そのときの問題点は何であろうか.

  • オープンソースの仕事にかかわっていて10年。オープンソースの変化の中に身をおいてきました。

    だからこそ、このDIYバイオの流れは、障害はあっても、時間はかかるけれども、問題を解決しながら前に進んでいくのだろうな・・・、と感じてます。

    ちなみに、アントレプレナーのマインド、ベイエリアの空気、ここにいるからこかもしれませんが強く読み取れたように思います。どうやって日銭を稼ぐか、ビジネスが難しくなってきたなというのは確かなものなんだなという確認をいたしました。

  • 面白かったです。考えさせられることも色々。
    そしてなんだかSF映画見たくなった

全33件中 1 - 10件を表示

バイオパンク DIY科学者たちのDNAハック!のその他の作品

マーカス・ウォールセンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
ウォルター・アイ...
ダンカン・ワッツ
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

バイオパンク DIY科学者たちのDNAハック!を本棚に登録しているひと

ツイートする