MAKERS 21世紀の産業革命が始まる

制作 : 関美和 
  • NHK出版
3.95
  • (227)
  • (359)
  • (192)
  • (26)
  • (7)
本棚登録 : 3023
レビュー : 332
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140815762

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ものをつくる。本能に根ざした行為。大人になるにつれていつしかできない理由を探すようになり、ありものですませるようになって久しい。これまで趣味、ビジネスでのモノづくりの制約になっていたものが徐々になくなっていく世界が克明に描かれている。これまであきらめていたものを作ってみようかなぁと思わせてくれる一冊。

  • FREEと同義なのではあるが、オープンソースによるイノベーション。文明発達スピード向上の論理はとてもとても納得できる。鈍重な大企業組織のスピード感では新しいイノベーションを生み出せない時代がやってきたのだと、昨今の大企業の凋落をみていると、つくづく感じる。
    もっともっと、インターネットインフラが進み、3Dプリンタのようなイノベーションを形にできるデバイスが普及し、大企業レベルの販促プロセスが汎用的に一般でも活用できるシステムが普及し。。。資金力がなくとも社会にイノベーションが起こせるツール群が普及する。もっともっと社会が面白くなるのではないかと、ワクワクできる本でした。

  • すでにあらゆる事柄が創造されていて新しい考え方ではないような気もするし、3Dプリンターの今後は輝かしいというのも分かっている事なので、
    あらゆる方がスゴイとおっしゃっているのが、良く分からなかった。

    スゴイと言えるとすると、
    物として技術開発が進んでいる製品や、考え方としてテクノロジーやビジネスが進んでいるサービスなどを、
    きれいにまとめあげてモデルとして考え、時代を先取りしているという部分は素直にスゴイと思った。

    そこを考えられるかの差が、人としての違いを生み出しているのだろうけど。

  • 世界規模で進行するモノのロングテール、3DプリンタやCNC(コンピュータ数値制御)で可能となった新しい時代の家内工業の事例について説明した一冊。ビットではなくアトムの世界でもロングテールが進行しつつあること、製造手段の借り手としてDIYなモノづくりがビジネスとして成立しうること、クラウドファンディングを通じて資金調達と市場調査を同時に出来る環境になりつつあることを示す。メモ。(1)ジョイの法則。一番優秀な奴らは大抵外にいる…。webのお蔭で人は教育や経歴に関わらず能力を証明することが出来る…。会社はより小規模にバーチャルにカジュアルになる。…彼らは所属意識や義務からではなく能力と必要性に従って離散集合する(2)要するに数百万個ではなく数千個単位で販売される特殊な電子製品ならアメリカで製造することは可能なのだ…。中規模の製造企業にとってそれは理想的なニッチ市場だ。(3)パブリックなモノづくりは製品開発をマーケティングに変える。

  • フリーの著者、クリスアンダーソンの最新作。

    この著者は今まで書いた本にハズレがない。最新技術の潮流を的確に捉えて、少し先の未来に起こりうる事象を見事に言い当てる。まさに経営者に相応しい人物だと思う。実際自ら会社も興していて急成長を遂げている。

    新規事業を模索している経営者は確実に読むべき一冊。

  • 最近wiredではよく話題に上るメイカーブーム、実際にそのムーブメントの中に身を置き趣味のラジコンヘリでキット販売会社を作ってしまったクリス・アンダーソンが何が変わって来ているかを紹介している。ビットとアトムと言う言葉で説明しているが例えばビットの代表がfacebook,twitterなどのSNSやLinux、Androidなどのオープンソースプラットフォームなどその環境と様々なサービスや3Dプリンター、レーザーカッターなどの小型化、廉価化、扱いやすさなどでものづくりの生態系が変わって来ている。

    大量生産でのものづくりが無くなる訳ではなく、作る物の種類やマーケット、特にニッチな市場によってはどこにいても製造業=メイカーズになれ販売先は世界中になる。インターネットや流通の生態系が変わったことでこういうことが可能になって来ている。

    クリス・アンダーソンの3DRoboticcsは実際に後に紹介するようなサービスを通じてラジコンヘリのコミュニティから出発しメイカーになった。このときLinux同様オープンソースの知恵を拝借している。
    http://store.diydrones.com/

    主役のひとつ3Dプリンター。なんと卓上サイズ。昔の仕事で紫外線硬化の樹脂を使った3Dプリンターをさんざんやってたのでこういうのが出てくると感慨深い。
    http://www.makerbot.com/

    ponokoとshapewaysデザインしたデーターを送付すると実際にものを作ってくれる会社やサービスも有る。CADを一からデザインしなくても3次元の物を撮影してCADデーターを作ってくれるサービスも有るので障壁が下がっている。
    https://www.ponoko.com/
    http://www.shapeways.com/

    資金を集める新しい仕組みキックスターターはあるアイデアに賛同すれば予約販売の形で資金をはらい、予定額に達しなければプロジェクトは発足しない。資金集めとマーケティングをかねた仕組みだ。
    新しいスマートウォッチpebbleは1000万円の資金を集めた。ソニーも同じ製品を発売したがわずか5人のペブルチームの売り上げが勝った。
    http://www.kickstarter.com/projects/597507018/pebble-e-paper-watch-for-iphone-and-android
    http://wired.jp/2013/01/10/kickstarter-backers-2012/
    他にクラゲ専用水槽プロジェクトも成功している。
    http://www.jellyfishart.com/

    MITメディアラボの元所長フランク・モスは実際に手と頭を使って失敗を繰り返すことの大事さを訴えている。ものづくり体験が可能な ファブラボは増えて来ているようだ。
    http://wired.jp/2013/01/03/vol5-frankmoss/

    面白いのはこの本にも出ていたがアメリカのメイカームーブメントと重なるのが中国の山寨革命。下の本を読んだときには知財権を無視して革命とは何を勝手なと思ったが、オープンソースの製造業は知財権特に特許を放棄しておりよくにた構造になっている。モノマネされては困るのでブランド=商標権は守るが追加的なアイデアでよりよい物ができたり、程度は悪いが安い物の存在は認めている。
    中国の優位は人件費ではなく全ての物が揃っていると言うインフラに移ってくるようだ、アトムの世界では物流や在庫は依然として大きな力を持っている。
    http://www.amazon.co.jp/中国モノマネ工場――世界ブランドを揺さぶる「山寨革命」の衝撃-阿甘/dp/4822248771

    ほとんど本の紹介にはなっていないのでこういう中身です。
    http://wired.jp/conference/maker_01.html

  • CADを主体とする設計図のデジタル化とオープンソース化がもの作りに与えるインパクト。それで完成したものを少量外注、発売できる。それが市場に受け入れられるかどうかを、キックスタートという商品を買いたい人からお金を先に集める仕組みで調べ、資金調達する。アメリカのこのもの作りの流れは、必ず日本にも来るだろうと思う。国民性にも合っているし。

    ・コンピュータが本当の意味で僕らの文化を変えはじめたのは、それがネットワークにつながったとき、最終的にはすべてのネットワークのネットワークであるインターネットにつながったときだった。それでも。究極の経済的インパクトが感じられるようになるのは、ソフトウェアによって様変わりしたサービスの分野ではなく、二度の産業革命と同じ領域、すなわちもの作りの世界が変わったときだろう。
    …「無重力経済(ウェイトレス・エコノミー)」、つまり情報、サービス、知的財産といった形のないビジネス(「足の上に落ちても痛くないもの」からなる経済)は、何かと話題になりやすい。しかし、現在、ビット経済の大部分を占めるのはこの形のない情報産業で、大きいといってもまだアメリカのGDPの五分の一に過ぎない。そのほかのすべての産業、たとえば、サービスセクターのもっとも大きな部分を占める小売業はものを作り、運び、売る活動にほかならない。

    ・このモデルが強力なのは、それがすでに僕らの周りに存在する「隠れたエネルギー」(作家のクレイ・シャーキーは、これを「知力の余剰」と呼んでいる)を利用しているからだ。

  • 「ロングテール」という言葉をつくったり『フリー』が話題になった作者。書評にも取り上げられていた。
    これからはだれでも「メーカー」になれると。
    「Maker」は日本的には、製造業という感じがするが、
    昨夜、外国人と別件で話していると、
    「Maker」はより積極的で、どちらかというと「クリエーター」に近いと。
    3Dプリンタやインターネットなどを使い、
    サプライチェーンのすべてを個人で出来る時代が来ていると。
    車を個人が作る事例などでているが、日本ではできるかどうか・・・
    こんな時代が間近に迫っているのかも。

  • 全く知らない分野だが、読んでいてワクワクしてくる。
    現時点で実現できることは限られるかもしれないが、3Dプリンターの進歩によりSCMの変化から産業構造、人々のWork Life Balance まで変えうる可能性がある。
    そうした時代の変革の萌芽を感じられる内容であった。
    一方で、時代に呑まれた人材にとっては苦難の到来になる可能性が高い。呑まれる側に回らないよう、益々個人の努力が問われると思う。

  • 3Dプリンターが各家庭に1台持てるようになったら。
    年賀はがきを自宅で印刷するのがあたり前のように、
    近い将来そうなる可能性は高い。
    年賀はがきを自分でデザインするようになって見出された能力。
    3Dプリンターはものづくりを身近でよりレベルの高いものにしてくれそうです。
    オープンイノベーション。個の力が正当に評価される時代になります。
    好きなことが仕事になる時代がますます近づいているように感じます。

    多くのものづくりに携わる方に読んでほしい1冊。
    お勧めです。

全332件中 11 - 20件を表示

MAKERS 21世紀の産業革命が始まるのその他の作品

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる Kindle版 MAKERS―21世紀の産業革命が始まる クリス・アンダーソン

クリス・アンダーソンの作品

ツイートする