MAKERS 21世紀の産業革命が始まる

制作 : 関美和 
  • NHK出版
3.95
  • (227)
  • (359)
  • (192)
  • (26)
  • (7)
本棚登録 : 3023
レビュー : 332
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140815762

作品紹介・あらすじ

『ワイアード』US版編集長で世界的ベストセラー『フリー』『ロングテール』の著者クリス・アンダーソンが、新産業革命の最前線へと読者を誘う。今日の起業家は、オープンソースのデザインと3Dプリンタを使って製造業をデスクトップ上で展開している。カスタム製造とDIYによる製品デザインや開発を武器に、ガレージでもの作りに励む何百万人という「メイカーズ」世代が、製造業の復活を後押しする。ウェブのイノベーション・モデルをリアルなもの作りに持ち込むことで、グローバル経済の次の大きな波を起こすのだ。世界規模で進行する「メイカームーブメント」を決定づける一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ワイアードUS版編集長、ベストセラー『FREE』の著者でもあるクリス・アンダーソン氏の著書です。

    物を設計し、製造し、販売するという20世紀のビジネスモデルでは、その世界に参入するためには多額の設備投資が必要であり、非常に高い参入障壁がありました。

    しかし、インターネットの発達、オープンソースデザイン、3Dプリンタ等の機器の開発により、そうした過去の参入障壁は劇的に下がりました。
    実際にCADソフトで図面を作成し、3Dプリンタで物を造るのは個人でもできます。
    オープンハードウェアとして顧客に手伝ってもらいつつ向上させることもできます。
    もう参入障壁はありません。
    みんなで新しい物を造る楽しい世界に足を踏み出しましょう。
    という内容の本になっています。

    エンジニアとして大手や中小の企業で物造りに携わってきた私としては、ホントに自由な時代が来たなと思います。
    無償で使えるCADソフトも沢山ありますし、インターネット経由で小ロットの物造りを依頼することも可能ですし、街中には機械を使用させてくれるラボも増えてきました。
    ハードウェアエンジニアをワクワクさせてくれる本です。

  • 3Dプリンタは一つの例に過ぎないのだろう。要はインターネットと、プログラミングで生産製品を変更できるような安価な機械(3Dプリンタ)とが組み合わさることで、製造業に変革が起きる、ということなのかな。
    このプログラミングによる製造機械の利点は、①金型への設備投資不要であるため少量でも製造コスト安であり参入障壁が低い、②カスタムが容易であるため消費者の多様性にアピールしやすいし、物によっては販売後でさえソフトウエア更新が可能。
    あとは製造業に限らずインターネットのオープン性/プラットフォームを活かして、会社はより小規模になり外部リソースの活用に重きをおくようになる。例として製品開発に隠れた供給を活用する、またはセールスにネットの口コミを利用する。資金調達のためのクラウドファンディングもその一つ。

  • 時代は製造業。そんなことを感じさせ、実にワクワクさせる本。

    Linuxなどオープンソースのことを初めて聞いたときの高揚感を思い出す。
    ワタクシ的には10年に一度くらいレベルで inspire されました。
    もっとも、本文を読む前に、付録の「21世紀の工房」を見て、ワクワクしないと、そこまで感じないかも知れません。

    アンダーソンのすごいのは自分で製造業の会社を起こしていること。
    (製造業のロングテールとか謙遜していますが、なかなか大したものです。)

    「付録」
    1.CAD入門 
    推奨2Dデザインソフト Inkscape, Adobe Illustrator
    推奨3Dデザインソフト Autodesk 123D,Tinkercad 、ソリッドワークス
    推奨3Dプリント・ソリューション プリンタ(MakerBot Replicator、Ultimaker);サービス(Shapeways, Ponoko)
    推奨3Dスキャニング・ソリューション ソフト(Autodesk 123D Catch)、ハード(MakerBot 3D Scanner, MeshLab)
    推奨レーザーカット・ソリューション 業者(Ponoko) ソフト(Autodesk 123D Make)
    2.CNC装置入門
    小型工具(ドレメルツール)MyDIYCNC セミプロ用 ShopBot Desktop
    3.エレクトロニクス入門
    初心者向けキット Adafruitの格安Arduinoキット(部品一式、チュートリアル、コミュニティ)
    はんだごて ウェラーWE51はんだ装置
    回路計 SparkFunデジタルマルチメーター

  • ー こうした動きには、共通の背景がある。人々がこれまでにないツールを使って協力し、製造革命を生み出していることだ。

    21世紀の産業構造は、20世紀とはまったく違うものになるだろう。世界的な大企業によるトップダウンのノベーションではなく、アマチュアも、起業家も、プロも含めた、無数の個人によるボトムアップのイノベーションが、いままさに生まれている。

    初期のPC愛好家からウェブコミュニティの参加者まで、ビットの世界では個人がイノベーションを起こしてきた。いま、アトムの世界で、ふたたび同じことが起きる条件は整った。しかも、その規模はより広く、深いものになるはずだ。 ー

    確かに、なんだか、もの作りがしたくなる作品。

    ちょっとしたアイデアをすぐにでも形に出来る新しい時代が来ているのに、何もしようとしないなんて、なんてもったいない時間の過ごし方をしているのか…。

    とはいっても、実際には、いろいろ勉強しないといけないし、パソコンでいろいろする十分な時間も必要だし、作業するスペースとか道具も必要だし…そう言い訳を言っている人間は、所詮プラットフォームで消費する小人にしかなれない。

  • 12.11.9
    WBSで紹介されていた。


    こんにちは、土井英司です。

    処女作『ロングテール』、ベストセラー『フリー』に続き、
    「WIRED(ワイアード)」US編集長のクリス・アンダー
    ソンが、またやってくれました。

    今回のテーマは、デジタルが変える製造業の未来ということで、
    これからの先進国のモノ作りについて論じています。

    『フリー』はマーケティングの話でしたが、この『MAKERS』は、
    産業の話であり、キャリアの話です。

    それだけに、『フリー』以上に多くの人を巻き込むムーブメン
    トになることは、間違いないでしょう。

    あらゆる人材、生産手段がネットでつながり、スクリーン上の
    図形をオブジェクトとして出力できる「3Dプリンタ」が登場
    した現在、資本や生産設備の制約を越えて、ついに個人がメー
    カーになる時代がやってきました。

    本書ではこの、世界規模で進行する「メイカーズムーブメント」
    の全貌を、実際に自らも「メイカーズ」となって300万ドルの
    売上を叩き出した著者が、まとめています。

    個人のモノ作りを支援する、メイカーボットのシングオマティ
    ック[Thing-O-Matic]、3Dデザイン共有サイトのシンギバーズ
    [Thingiverse]、オリジナルデザインの車のみを扱い、巨大な中
    央工場ではなく、顧客が住む場所に近い工場で注文に応じて作
    るローカルモーターズなど、さまざまな企業事例を紹介しなが
    ら、このムーブメントの全貌を明らかにしています。

    ウェブで調べたところ、この「3Dプリンタ」は、既に相当安
    価になっているらしく、今後モノ作りに革命を起こすことは間
    違いなさそうです。

    「(3D印刷は)二〇一五年から二〇二五年のあいだに世界を
    変えるテクノロジーになるかもしれない」
    (フォーブス誌の発行人、リッチ・カールガード)

    沈みゆく大企業にしがみつくより、いっそ自らが「メイカー」
    となって、グローバル市場相手に戦う。

    そんな新たな時代のキャリアも見えてきそうな一冊です。

    ぜひチェックしてみてください。

    ---------------------------------------------------
    ▼ 本日の赤ペンチェック ▼
    ---------------------------------------------------

    「メイカームーブメント」が生み出す最大の力は、小規模でも
    グローバルになれる能力だ。職人肌でありながら革新的。ハイ
    テクながら低コスト。小さく生んで、大きく育てる。そしてな
    んといっても、世界が望む製品、古い大量生産モデルに添わな
    いためにこれまで世に出なかった、優れた製品を作ることがで
    きるようになる

    いまなら3Dプリンタがある。それがメイカーボットのシング
    オマティック[Thing-O-Matic]だ。おかげで、今回の結末はい
    つもとは違った。まずは、3Dデザイン共有サイトのシンギバ
    ーズ[Thingiverse]を訪れた。すると、そこはザ・シムズと同
    じ世界だった。フランスのルネッサンス風から、『スター・ト
    レック』に出てくるような近未来風のものまで、ありとあらゆ
    る家具が揃っていて、ダウンロードし放題だった。僕たちは、
    すごく繊細なビクトリア様式の椅子とソファを取り込み、クリ
    ックひとつでそれをドールハウスにぴったりと収まるサイズに
    縮小し、「作成」ボタンをクリックした。二〇分後には、それ
    が手の中にあった。無料で、お手軽で、リアルな世界よりもは
    るかによりどりみどりで、アマゾンでさえこれにはかなわない。
    これからはもう、ドールハウスの家具を買うことはないだろう。
    自分がおもちゃ会社の立場だったらと思うと、ぞっとする

    自分で作ったイケア家具を買う場合は、そうでない場合より六
    七パーセントも高い値段をつけることがわかった。レゴのセッ
    トでも、紙の折り紙でも結果は同じだった。どんな場合でも、
    自分が骨を折ったものにはより高い金額を支払う。これが、
    「メイカーズ・プレミアム」と呼ばれるものだ

    デジタルなファイルをだれでも「編集(リミックス)」できる
    ことが、コミュニティを動かす原動力になる

    未来の可能性は明らかだ。僕らは現実をコピーできる。少なく
    ともハリウッド映画の小道具くらいには、現実に近いものができる

    コミュニティが存在するのは、僕らの製品が使いにくいからだ

    ローカルモーターズの車は、巨大な中央工場ではなく、顧客が
    住む場所に近い工場で、注文に応じて作られる(中略)ローカ
    ルモーターズはオリジナルのデザインしか作らない。名車を真
    似るのではなく、理想の車をゼロから生み出すのだ。コミュニ
    ティは製品を開発し、また顧客にもなる

    オープンイノベーションのコミュニティが、隠れた供給(その
    分野でいまだ雇われていない人材)と隠れた需要(通常の手法
    で作るとコストがかかりすぎる製品)を結びつけている。しか
    も、コミュニティの中で素晴らしいデザイナーだと認められれ
    ば、自動車会社に就職できる可能性もある

    「いちばん優秀な奴らはたいていよそにいる」
    (ビル・ジョイの法則)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ---------------------------------------------------

    『MAKERS─21世紀の産業革命が始まる』
    クリス・アンダーソン・著 NHK出版

    <Amazon.co.jpで購入する>
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140815760/businessbookm-22/ref=nosim

    <楽天ブックスで購入する>
    http://bit.ly/RKO02A

    ---------------------------------------------------

    ◆目次◆

    第一部 革命
    第1章 発明革命
    第2章 新産業革命
    第3章 未来の歴史
    第4章 ぼくらはみんなデザイナー
    第5章 モノのロングテール
    第二部 未来
    第6章 変革のツール
    第7章 オープンハードウェア
    第9章 巨大産業を作り替える
    第9章 オープンオーガニゼーション
    第10章 メイカーズの資金調達
    第11章 メイカービジネス
    第12章 クラウド・ファクトリー
    第13章 DIYバイオロジー
    エピローグ 製造業の未来
    付録 二一世紀の工房

  • ビットからアトムへ:1990年台にインターネットが普及して普通の人がウェブサイトを手作りしたり、高度コンピューティングを行うことが可能になったのと同じような、技術の開放が、実物の製造で起きている。3Dスキャナーや3Dプリンターにより、大規模な製造設備に巨額の設備投資をしなくても、相当な製造を行うことが可能になってきている。

    経済規模を比べると、ビットの世界の規模は、大きくなったとはいえアトムの世界の数分の1にすぎない。アトムの世界での経済の個人への開放は、様々な分野で経済を変えていくだろう。

  • 「デザイン」「アマチュア」に興味を持って読みました。

  • いまさら…と思いつつ、内容的には数年前の内容なのは承知の上で手にとってみた。

    日米の「生産」への捉え方、ものづくりへの考え方の違い、そして重要なビジネスとの関係などをざっくりと捉えられてよかった。

    実際は優秀な人材を見つける手段としての「ものづくり」という視点もありそうな気もしてくる。

    https://twitter.com/prigt23/status/1107959054930894848

  • インターネットが一般化し、様々なインフラが作られ、情報(ビット)での起業障壁はほぼ0になった。
    ネット上のサービスの大手企業は、ほぼガレージ・スタートアップだ。

    現在、ディスプレイの中に収まっているこのビットの経済圏が、数十倍の規模を誇るモノ(アトム)の経済圏に徐々に移行しようとしているという内容。

    <i><b>・設計情報(CAD)の共通フォーマットが出来、それがネットで流通できるようになった。
    ・3Dプリンタ、3Dスキャナ、NC旋盤等のデスクトップ製造装置が安価になった。
    ・そして、世界の工場はよりロボット化、ライン可変化、ネットワーク化され、個人のPCから、プリンタに出力するかのように、工場でのマテリアルのライン生産が出来るようになった。
    ・テクノロジーは巨大メーカーが囲い込むものから、シェアされていくオープンなものになってきた。
    ・知識はストックされ、受け身に学ぶものではなく(プッシュ型学習)、検索して動的に取得する(プル型学習)になってきた。
    ・これにより、人材の質の担保は、学歴や職歴ではなく、「なにを作ったか」で一目瞭然になった。抽象的な学歴ではなく、具体的な「マテリアル」がWeb上ででェアされ、一目瞭然である。
    ・アメリカは一度製造業をほぼ手放した。それにより国内の製造サプライチェーンはほぼ壊滅し、海外にその拠点は移った。
    ・海外移転の大きな要素の一つであった「人件費」の問題は、ロボットによる省人化、自動化でほぼクリアになり、製造業は国内に戻りつつある。
    ・個人製造業(MAKERS)は、マスプロダクションでフォローできないロングテール市場をカバーする。
    ・そして、それはマスプロダクションメーカーが終わるという意味ではない。マスプロダクションを補完する。(iPhoneとアクセサリーメーカーの関係のように)
    ・資金的な問題も、kickstarterのようなクラウドファウンでィングにより解消されている。
    </b></i>

    kindleでの最初の本をこれにしたのは偶然なんだけど、これをkindleで読む意味は大きいとおもった。
    AmazonはECの最大の覇者だけど、アマゾンは「情報」を売っているわけではなく、「マテリアル」を消費者の元に「ビット」のような速度で届ける事で地位を築いた。
    Amazonの最大の強みは、サービス内容というよりも、消費者へのリーチの障壁を可能な限りなくす事で、一般にネット起業が避けたがる「物流」「在庫」という泥臭い部分にフォーカスして得た地位だと思う。

    だから、個人が製造業になれる、という事がこの本の趣旨ではなく、現在ではモノ(アトム)をさけては、情報産業自体がなりたたなくなってきているのだ。

    ※皮肉な事に、90年代後期までは、モノ(アトム)に拘る情報産業は衰退すると言われていた。


    本書への疑問と意見

    本書では、従来型の製造業では、顧客が製品に合わせる必要があったという話になっている。画一的な製品を大量に売る事で、製造業はなりたっていたと。
    だけど、それは、1970年代以前、T型フォードから延々続いた、アメリカ式の大量生産方式の時代の事のように思える。
    トヨタ生産方式は、オイルショックの時代に発想を切り替えて、多品種少量生産に切り替えた。
    いわば、顧客毎のカスタム化の走りだ。
    個人に製造業のインフラと柔軟性が開放されていくなら、やはり巨大メーカーも、そのメリットを取り込んでいくと思うし、以前のトヨタのように発想を切り替えられえないと、巨大メーカーは成立しえないと思う。

    中国に集積した工場は、投書は人件費の安さだったが、現在では町工場に至るまで、ネットワーク化され、自動化されている。
    そして、自動化、ネットワーク化された小規模工場同士のサプライチェーンは、強力な生態系だ。
    なので、アメリカ国内でのインフラが向上しただけでは、なかなか国内回帰は難しいのではないかと思う。
    だけど、製造業、情報と物流インフラが整った日本だと、競争優位に働く可能性がある。

    以前、セッションで話し合った内容
    トヨタ生産方式は、ユーザーのニーズに合致した多品種少量生産を目指したのに、現代ではiPhoneのような、単一精進を大量に製造する事が競争優位になっている。これはなぜか?

    ・スマートフォンは「スマート」である。つまり、カスタマイズはソフトウェアの領域でカバーしている。
    ・ハードウェア的なカスタマイズは、アクセサリーメーカーの生態系がカバーしている。

    そう、現代の自動車には「スマート」な要素がない。それは伝統芸のような部品の「すり合わせ」で作られる匠の技だ。
    安全性がとても重視される自動車が、安易にスマホのようになるとも思えないが、スマートが残された最後の領域かもしれない。

  • 荵?@縺カ繧翫↓隱ュ繧薙□繝薙ず繝阪せ譖ク縲ょ、ァ螟蛾擇逋ス縺九▲縺溘?ゅ>繧上f繧玖」ス騾?讌ュ縺ォ逍弱>閾ェ蛻?〒縺ッ縺ゅk縺後?∽サ願オキ縺薙m縺?→縺励※縺?k縲悟、牙喧縲阪?荳?譌ヲ繧堤炊隗」縺ァ縺阪◆縲ゅΔ繝惹ス懊j縺ョ繝?ず繧ソ繝ォ蛹悶′騾イ螻輔@縺ヲ縺?k荳ュ縲√う繝ウ繧ソ繝シ繝阪ャ繝医dSNS縲∵ィ呎コ門喧縺ィ縺?▲縺溘う繝ウ繝輔Λ縺梧紛蛯吶&繧後◆縺薙→縺ォ繧医j縲∫ゥコ髢薙r雜翫∴縺溘Δ繝惹ス懊j縺ョ繝薙ャ繝亥喧縺梧?・騾溘↓騾イ螻輔@縺ヲ縺?k縲
    諤昴▲縺溘?縺ッ縲??ュ縺ョ縺?>莠コ縲√そ繝ウ繧ケ縺ィ辭ア諢上?縺ゅk莠コ縺ェ繧峨?∝柑邇?h縺丈サイ髢薙r隕九▽縺代?∫オ先棡逧?↓蠕捺擂縺ッ閠?∴繧峨l縺ェ縺九▲縺溯」ス蜩?シ亥、ァ陦?」ス蜩√〒縺ッ縺ェ縺??∫音螳壹?繧ー繝ォ繝シ繝励?繝九?繧コ繧呈コ?縺溘☆繝九ャ繝√↑陬ス蜩?シ峨′邁。蜊倥↓菴懊l繧九h縺?↓縺ェ縺」縺溘→縺?≧縺薙→縲ゅ%縺ョ蜍輔″縺悟刈騾溘@縺溷?縺ッ縺ゥ繧薙↑荳也阜縺ェ縺ョ縺?繧阪≧?
    繧「繝。繝ェ繧ォ莠コ縺悟セ玲э縺昴≧縺ェ蛻??縺ォ繧よ?昴∴繧九?ゅ°縺」縺ヲ縲∫アウ蝗ス縺ョ蛟倶ココ荳サ鄒ゥ繧偵?∵律譛ャ縺ョ繝√?繝??井シ夂、セ?峨′雜?∴縺溘→諤昴▲縺溘′縲∽サ翫?∽シ夂、セ邨?ケ斐r雜翫∴縺溘ヱ繝シ繝医リ繝シ繧堤ー。蜊倥↓謗「縺吶%縺ィ縺悟庄閭ス縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縲∫アウ蝗ス縺ォ繧医j蜊泌鴨縺ェ繝√?繝?縺檎函縺セ繧後h縺?→縺励※縺?k縲
    閾ェ蛻?r蜷ォ繧?縲∝セ捺擂縺ョ縲檎オ?ケ斐?阪↓逕溘″縺ヲ縺阪◆莠コ縺ッ縲√%繧後°繧峨←縺?↑縺」縺ヲ縺励∪縺??縺九?∝ソ??縺ォ繧ゅ↑繧九?
    縺ゥ縺?☆繧後?莉翫°繧峨%縺ョ繝?繝シ繝悶Γ繝ウ繝医?荳?鄙シ縺ォ荵励k縺薙→縺悟?譚・繧九□繧阪≧縺具シ

全332件中 1 - 10件を表示

MAKERS 21世紀の産業革命が始まるのその他の作品

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる Kindle版 MAKERS―21世紀の産業革命が始まる クリス・アンダーソン

クリス・アンダーソンの作品

MAKERS 21世紀の産業革命が始まるを本棚に登録しているひと

ツイートする