NHK「100分de名著」ブックス 夏目漱石 こころ

著者 :
  • NHK出版
3.94
  • (12)
  • (11)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 151
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140815953

作品紹介・あらすじ

自由と孤独の時代に生きる「人間の自意識」を描いた、漱石不朽の名作『こころ』。それは今からちょうど百年前に、現代人の肥大化する自我を見通した先駆的小説でもあった。「あなたは腹の底から真面目ですか」。功利的な生き方を否定し、あえて"真面目さ"の価値を説いたこの作品を通して、人との絆とは何かを考え、モデルなき時代をより良く生きるための「心」の在り方を探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 作品にはいろんな解釈があっていい。
    この作品をKと先生の同性愛小説と見る人もいるくらいなのである。
    看取り人の存在は、確かに大切でKの話しは先生に、先生の話しは、私に繋がっていくのである。私の口から、Kと先生の話しが伝えられ、それは続いていく。

  • 放映されたものを鑑賞できなかったため、書籍にて『こころ』を読み解こうと手にとりました。
    高校の教科書に『こころ』の一部(ちょうどKが自死する場面の前後)が掲載されていたおかげで、二十年が経過した今でも、「先生」が冷たくなった「K」の頭を抱える場面は強烈に私の中に残っています。全編読むたびに新しい発見があり、今では私の読書歴の中でベスト5に入る愛読書です。
    本書では、あらゆる角度から『こころ』を掘り下げてくれています。著者の意見にうなずき共感しながら、ああだから私は『こころ』に惹かれたんだなと納得させられました。また、知らなかった漱石の一面を知ることもでき、大変興味深く読めました。『こころ』を好きな人なら耽読できる一冊です。
    NHKオンデマンドも観たくなってきました。

  • このシリーズをはじめて読みました。一度は読んでみたい、でもとっつきにくいしなぁなんて思う作品がたくさん紹介されていて、更にとても読みやすくて。これはシリーズ読破したいなと思いました。
    今回は、夏目漱石の『こころ』
    「私」が託されたもの。それは「先生」の人生だけでなく「先生」が看取ったKの物語も受け取っているのだ。命は尽きるものだけれど、彼らの物語は真面目な人(すべて託せる人)によって受け継がれていくんだということ。
    それらをこころに留めてこの作品を読めば、また違った風景が見えるんじゃないかと思いました。

  • 以前、姜尚中の講演会で聞いた話と重複する部分があった。
    改めて夏目漱石の描いた「近代的自我」と「孤独」について考えさせられた。
    さらに「死」と「死にいくものが物語る」こと、「物語を受け取る者」といったことまで描かれているという指摘は興味深い。

  • 正直、感動はありませんでした

  •  高校の授業で初めて出会った『こころ』。当たりの先生だったおかげで、今でも授業風景を鮮明に覚えているほど衝撃を受けた作品。その授業は、かの有名な「精神的に向上心のない者は馬鹿だ」の解説だった。
     「死をたくさん描くことで、生を浮き彫りにしている」「先生はわたしに出逢えたから死ぬことができた」などの記述にとても納得した。名著を読み解く様々なヒントが得られ、新たな深層に入り込めるので、100分de名著テキストは最高。『こころ』も読み返したいし、他のテキストも読みたい。

  • 夏目漱石の他の作品や評論文なども引用し「こころ」という小説が本格的に論じられていてしかもわかりやすく書かれた良書だと思う。自分の分身を殺すことにより自分自身を殺すエドガー・アラン・ポーの「ウィリアム・ウィルスン」のように、Kは「先生」の分身であったとも読めること、「夜と霧」のフランクルがいう「態度価値」(自らの努力では逃れられない運命とも呼べるような事態に陥ったときに、その運命を受け止める態度によって実現される価値のこと)により「先生」はKの死後ぎりぎり生きていたという部分が印象に残った。

  • 小説「こころ」の書かれた時代背景や、教え子であった藤村操の死、下宿先の推定図などが盛り込まれており、より深く作品を味わえる内容になっている。
    「個人」の時代の訪れとともに、自己責任のロジックが動き始め、それがうつや引きこもり、自死を増やしているように思えてならないという著者の言葉が響いた。
    怠け者でもなく、優柔不断でもなく「真面目」。
    「真面目」であればあるほど迷い、生きづらくなるのだろう。

  • 漫画で「こころ」を読んだので、あらすじも掴めたしよりストーリーを深く掘り下げるために読んだ本です……が、失敗した! 当たり前ですが漫画では表現の仕方が違うので、やっぱり原作の方も読んでおけばよかった! 原作の「こころ」+本書の解説の組み合わせがベストです。
    「こころ」は複雑な三角関係の恋愛話だと思い込んでいたのですが、本書を読んで「こころ」が教養小説、純愛小説、友情小説、同性愛小説と様々な角度から読めることを知り、驚かされました。
    「先生」の「あなたは真面目ですか」「あなたは腹の底から真面目ですか」という問いに、深く考え込んでしまう。
    ああ、先に原作も読んでおけばもっと本書の解説が楽しめたんだろうになあ!

  • 筆者の「こころ」愛が存分に伝わる一冊。
    ちょっとそれは思い込み過ぎでは…というところもあるが、読みやすいので、どんな説があるか軽く読んでみたいという時には向いていると思う。
    放送も見たかったなー。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1950年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。東京大学大学院教授、聖学院大学学長などを歴任。東京大学名誉教授。専攻は、政治学・政治思想史。主な著書に、『マックス・ウェーバーと近代』、『オリエンタリズムの彼方へ』、『母 -オモニ-』、『漱石のことば』ほか。

「2018年 『ナショナリズム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

姜尚中の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
ヴィクトール・E...
デールカーネギ...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×