宇宙の扉をノックする

  • NHK出版
3.93
  • (15)
  • (17)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 287
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (616ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140816219

作品紹介・あらすじ

宇宙の根本的な構造について、物理学の大きなパラダイムシフトが起きようとしている。宇宙についての私たちの理解は、がらりと変わるかもしれない。LHCをはじめとする世紀の実験の成果とともに、最先端の現代物理学が、宇宙の扉を開く大冒険へと読者を誘う。いま、宇宙の起源と運命の謎が、劇的に解明され始めた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • AA2

  • 14.1.26
    エルムンドにリサ・ランドール出演

  • ジーンクエストの高橋祥子さんがオススメしてたから読んだ。

    専門的な話は読み飛ばしだが、科学に向かう姿勢としての「スケール感を捉える」下りが面白かった。
    同じものでも、どのスケールのもとで捉えるかで見え方は変わるから、思考を停止させないようにしたい。

  • 2019.01.21 朝活読書サロンで紹介を受ける。
    http://naokis.doorblog.jp/archives/reading_salon_125.html

  • 宇宙の歴史から始まって、宇宙を観測するためには素粒子の観測が必要という展開。
    内容としては申し分ないが、読み手にもある程度の理科的素養を必要とするので、対象がニッチ。自己啓発本として読むなら第六章以降だけ読めば良いか。

  • 長いし思考が行ったり来たりでむすがしかったけど
    なんとか読んだ、ちょっと速読もした。
    最後の天才とはみたいなところで、集中力と続ける力
    みたいなところ、しっかりやっていこうと思った。

  • 難しかった。

    容易な言葉で書かれているが、途中おいてかれるところがあり、読み直さないと理解できなかった。

    正直SF映画のような仮説だと思いながら読む部分もあった。

    私たちが生きてるうちに宇宙の扉はあと何枚開くのか?

  • 160528 中央図書館
    分厚すぎるかと思って敬遠していた本の一つだったが、結構よろしい。

  • 尊敬する経営者が、絶賛していたので気になっている。

  • 全く知らなかった世界。

    156ページまで読んだ。

    読み込むのに時間がかかる。

    理系の専門知識を分かりやすく書ける人が増えてる。

    買っても良い。

全26件中 1 - 10件を表示

リサ・ランドールの作品

宇宙の扉をノックするを本棚に登録しているひと

ツイートする