NHK「100分de名著」ブックス 良寛詩歌集―「どん底目線」で生きる

著者 :
  • NHK出版
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140817155

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 番組を観て面白かったので読んだ本。良寛さんのエピソードに共感できるところがあった。この本を読んで良寛さんのことを知れて良かった。この本を読んで大森子陽の業績を知った。この本を読んで「清貧」という生き方が印象に残った。

  • 【いちぶん】
    形見とて何残すらむ春は花夏ほととぎす秋はもみぢ葉

  • シンプルライフを貫いた僧侶の俳句。
    頑張らない、自然と共に、のような内容。

    あまり共感できなかった。
    全員がこのような感じでやりきると、それはそれでダメだろうなと。

    良かった点は、素直な気持ちがつづられているところ。
    老いた人間の本当の気持ちとか。やはり寂しいのかな。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1939年静岡県生まれ。駒澤大学大学院修士課程修了。曹洞宗教化研修所研修所員、同所講師、主事、曹洞宗総合研究センター教化研修部門講師等を務める一方、大正大学、武蔵野大学等の非常勤講師(死生学、生命倫理等)、「南無の会」副総務、可睡斎僧堂後堂、京都市・龍宝寺住職等を歴任。

「2017年 『縁を生きる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中野東禅の作品

NHK「100分de名著」ブックス 良寛詩歌集―「どん底目線」で生きるを本棚に登録しているひと

ツイートする
×