雪ぐ人 えん罪弁護士 今村 核

著者 :
  • NHK出版
3.90
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 47
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140817490

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 凄まじい生き方をするすごい人がいた

    NHKドキュメンタリー「ブレイブ 勇敢なる者」
    を見終わった時に心が震えた!

    冤罪弁護士・今村核さんに密着したドキュメンタリーだった。


    これは、そのドキュメンタリーを撮ったディレクターが書いた本。

    99.9%有罪
    残り0.1%の無罪
    無実の罪を認めてしまった「弱くさせられている人」
    その無実を確実なものとするために真実をとことん追求していく

    鮨店の放火事件では現場の模型を自ら作り燃焼実験をし、チカン事件の時は映像を何百回と自ら確認し、
    さらには骨格のことや人間の皮膚神経についてまで調べる。
    執拗ともいえるその姿勢は「変人」と揶揄されることも…

    そこまでしても無罪が勝ち取れないこともある
    それでも今村核さんは不屈の精神で立ち上がる

    何がそこまで彼を駆り立てるのか?
    その理由について彼はこう語る
    「私が生きている理由」

    司法は本当に正義なのか?
    いや、まだ正義は日本の司法にあると言っていいのか?
    裁判という得体のしれないものの恐ろしさ…

    人は人を裁けるのか?
    司法と正義とは?
    それを追求するために今村核さんは戦っているのかもしれない。

    ご本人が書いた著書もぜひ読みたいと思った。

  • この弁護士さん自身が書かれた著書を読みたくなりましたね。

    この先生の、「信念を貫くこと=生きる意味」は採算を度外視しなくては成り立たない。しかし採算度外視のままでそれをし続けていけば自分の人生は破滅してしまう。その葛藤がすごかった。描かれた孤独の様相が壮絶だった。
    ここに描かれたこの弁護士さんの孤独は私たちがこの著書を読んで知るものよりもはるかに実質は過酷だと感じます。私たちはかろうじて一端を知るのみで、体感では理解しえないでしょう。

    冤罪事件の実際、そしてそれを覆すことの想像を絶する困難と日本の司法の現状、読めば読むほど無実である人間が犯罪に巻き込まれることの恐ろしさを感じます。

    そしてこの弁護士さんの人間性の真摯さもさることながら、そのお父さんの人間的魅力にも大変心惹かれました。
    こういう親子関係、というのもあるんだなということを知ることが出来てそこまで掘り下げて取材した著者にも敬意を感じます。愛情表現というものの一筋縄ではいかない人間の感情の複雑さを垣間見た気がしました。

    司法制度、感情を交えず冷徹に事実を積み上げていくという科学捜査とその根拠の信頼性、それを行う執念と根気、人としての真摯な生き方、信念を貫く方法、信じられる人間を得るということ、家族との関係性などなど…いろいろな点から「生きる」ということを考えさせられる良著です。中々手に取られにくい一冊かと思いますが、たくさんの方に読んで欲しいですね。

  • 官僚社会には限度という言葉がない。ルールが警察官の点数稼ぎという野心を押しとどめなければ、市民の安全はあり得ない。行き着く先は絶対主義の専制である。個々人の自由とは永遠に相容れない。そこを腹に据えて対応するしかない。どちらの世界に生きたいかということである。寛容であるべきことと、寛容であるべきではないことがある。冤罪や警察不祥事に寛容であってはならない。
    自白強要の取り調べが繰り返される理由は、日本警察にとって手段ではなく、目的になっていることである。絶対的に優位な立場から被疑者をいたぶることを楽しんでいる。そこに支配欲と優越感を感じている。被疑者をいたぶることである種の全能感と無根拠な自信、嗜虐心が成長する。警察官の屈折した精神が育まれる一因になっている。

  • 東2法経図・6F開架:327.6A/Sa75s//K

  • 久しぶりにスッキリした読後感の本を読んだ。
    「えん罪」といえば、リベラルな現行司法制度に批判的な視点のみの本がほとんどと思うが、本書はよりリアルな現実を丁寧に描いている。
    弁護士のキャラが立っているのがいい。「えん罪」の現実についてより深みのある紹介となっていると思う。
    しかし、この99.9%の有罪という刑事裁判の現実を読むと、「制度の硬直化」という言葉が頭に浮かぶが如何だろうか。

    2018年7月10日読了。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

佐々木健一

1943年,東京都生まれ.東京大学文学部卒業.同大学院人文科学研究科修了.東京大学文学部助手,埼玉大学助教授,東京大学文学部助教授,同大学大学院人文社会系研究科教授,日本大学文理学部教授を経て,現在,東京大学名誉教授.美学会会長,国際美学連盟会長,日本18世紀学会代表幹事を歴任.専攻,美学,フランス思想史.

「2019年 『美学への招待 増補版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

雪ぐ人 えん罪弁護士 今村 核のその他の作品

佐々木健一の作品

ツイートする