わたしは「セロ弾きのゴーシュ」 中村哲が本当に伝えたかったこと

著者 :
  • NHK出版
4.44
  • (33)
  • (15)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 306
感想 : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140818794

作品紹介・あらすじ

25キロの用水路を拓き、65万人の命をつないだ医師は、何を語ったのか

2019年12月4日、アフガニスタンで銃撃されて亡くなられた医師・中村哲さん。本書は、中村さんが出演したNHK「ラジオ深夜便」の6番組より、インタビューに答えるその肉声を忠実に再現するものです。ハンセン病根絶計画から、空爆下の診療所開設と水源確保事業、そして用水路開通まで。「長年の活動の原動力は何ですか」という問いに対して、中村さんは自らを、宮沢賢治の童話の主人公「セロ弾きのゴーシュ」にたとえました。本書には、本人が執筆したらおそらく触れなかったと思われる感慨や本音が随所に表れています。自身について多くを語らなかった医師・中村哲の心の内を知ることのできる貴重な証言の記録です。

第1章 ハンセン病根絶を目指して (1996年2月22日 中村哲49歳)
第2章 もの言わぬ民の命を (2002年2月16日 中村哲55歳)
第3章 アリの這う如く (2004年6月5日 中村哲57歳)
第4章 命の水 (2005年8月20日 中村哲58歳)
第5章 難民と真珠の水 (2006年9月16日 中村哲60歳)
第6章 開通した命の用水路 (2009年12月5日 中村哲63歳)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 訃報から1年。担当編集者が綴る中村哲さんの人柄にふれた日々のこと、そして馳せる思い|本がひらく
    https://nhkbook-hiraku.com/n/n58f84ead1aa2

    アフガニスタンの復興支援に半生を捧げた中村哲医師の証言録『わたしは「セロ弾きのゴーシュ」 』のカバー公開と予約開始。自伝『天、共に在り』も重版決定で累計10万部に。|株式会社NHK出版のプレスリリース
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000371.000018219.html

  • まさに、魂の本。

    ①たとえば、地雷でよく足を負傷しておいでになる方があります。山の中では。片足ですと、杖をつきながらでも人に迷惑をかけずに生活ができる。。ところが、両足をなくしますと、たとえ命が助かっても、これは車椅子など使える生活ではありませんので、かえって、この人が生きておるために、一家全体が破滅するということもあり得る。その場合は、私たちとしても始めから助けない。(p40)
    ☆日本はさ、どんな方法を使っても生かすのが当たり前なんだけれども、ここでは違うんだね。よかれと思ってやることが、かえって迷惑になるというか、あだになることはよくよく考えておかなければならない。ようするに、親切にすればいいってもんじゃない。

    ②たしかに、長生きするというのもいいことですが、その長生きさせてもらったこの命をどう使うかについては、何も言わない。(p42)
    ☆自分の命の使い方。ただ生かしてもらっているだけではだめ。

    ③現地でみると、さっきも言いましたが、死んでいくということを甘んじて受け入れるということは、何も、命を粗末にしていいということではなくて、逆に、生きておるというのは、自分の意志で生きているのでなくて、いかされておるという感謝の気持ちと表裏一体なんですね。
    ☆感謝して生きる。シンプルなこと。

  • なんだか胸がいっぱいで、うまくまとめられず。

  • 現地の人が何を必要としているのか、どうすることがここで生きる人達を幸せにするのか、また争いのない世の中を作るのか、継続出来るのか。
    人として、与えられた命をどう生ききるのか。

  • アフガニスタンで殺されたペシャワール会の中村医師の
    講演録からの書籍化。

    病院設立以降の井戸掘り、灌漑の話がメイン。

    数多くのインタビューを活字化していているので本の中での内容の重複が多い。

    地に足がついた支援とは何かを教えてくれる。
    先日映画も見たがほとんど内容が一緒だった。

    本当に一本の太い背骨が通っていていたそれが
    多少撓んだりしても、つよい背骨だったんだなぁということが感じられた。

     人間として生き方のお手本だ。

  • もう 20年も前に なるでしょうか
    ケニアのストリート・チルドレンへの支援活動を
    長年しておられる方に誘われて
    ナイロビ近くの 孤児院に行ったことがある

    その時に 日本人のスタッフの方もおられて
    その方とお話をしていて
    ー本当は 私たちのような 
     (ケニア人ではない)外国人が この現場に
     必要とされなくなるのが
     私たちの 一番の希望なのです

    と おっしゃっておられたことが
    強く印象に残っています

    それから しばらくして
    中村哲さんへの賛同をしておられる
    日本人の方と出会った時に

    その方も また
    (中村哲さんが)同じようなことを
    おっしゃっておられた
    と お聞きしました

    中村哲さんには むろんのこと
    異国の各地で
    そんなふうな 心の持ち様で
    活躍しておられる方には
    ほんとうに 頭が下がります

  • 善意があれば何でも良いわけではなく、「現地の人の需要に応え続ける」、「誰もやらないところを、自分たちがやる」ー この姿勢にはとても共感するし、その姿勢を貫き活動を続けられた中村さんを本当に尊敬する。

    メディア報道は切り取られた現実であり、もし自分も問題解決がしたいなら、その現場に赴き、自分で情報を取ることが大事だと感じた。募金も、使用用途まで考慮しないと、必ずしも問題が解決に向かうわけではないということも勉強になった。

  • 新聞程度でしか中村先生のことを知らなかったが、この本を読んで、その偉大さが心に染みた。

    決して気負っていろのではなく、自然体で、本当に現地の人に寄り添っているからこそ、井戸を掘るし、用水路を作る医者であったんだな。

    あらゆる人にこの生き方を知ってほしい。

  • ガンジーといい中村医師と言い、尊い人がなぜ同じ人間の手で殺されてしまうのだろう。
    先生のことを知ってから、ずっとその疑問が頭の中にあります。答えは出ません。善悪や道徳で世界は回っていないということを突きつけられる心地です。
    そして、私はそんな正しくない世界に生かされているんだな、としみじみ思います。蛇口をひねれば水は飲めるし、近くの川が涸れることはない。職や家を失っても、いきなり死ぬことはありません。何より、生活の中で爆弾が落ちてくる危険はほぼ皆無。
    私は前世で何か偉大な功績でも残したのでしょうか?アフガニスタンの人は、何を対価に支払ったらこの生活ができるのでしょう?
    誰がどう見ても不公平なのに、これが現実です。
    不公平すぎて、“中村医師が殺されてしまうような歪んだ世界だからこそ、私は生きていられるのかもしれない…自分は世界の歪みの一部なのかも知れない…”そんな罪悪感のようなものが、じわりと胸に滲みます。
    (だからといって“日々の行いを正そう”的な話に帰結してしまうのは浅薄な気もしますし、アフガニスタンに生きる人々が不幸と言いたいわけではありません)
    (日本に生まれたせいで、物質的な欲望をずっと刺激され、当たり前の幸福感を奪われている…という見方もできるので)

    とりあえず、全くもって正しくはない世界ですが、私はなんの因果か今日も生かされています。
    生かされている以上、冒頭の問の答えを探し続けたいと思いました。
    おそらくそれが幸福に繋がると信じています。

    ※何気に『セロ弾きのゴーシュ』が収録されているので、再読したらゴーシュの不器用な人柄がいっそう好きになりました。華々しく評価される人よりも、隅っこを照らす人の灯りに気づける人でありたい。

  • アフガニスタンで亡くなった中村哲さんが、ラジオ番組に6回出演し、語った内容をまとめた本。 サブタイトルに「本当に伝えたかったこと」とあるが、この本を読むとよくわかる。 数年ごとに、アフガンの状況と活動の状況、自分が考えていることを語っているが、全ては人として困っている人を助けたいという信念に貫かれている感じがした。 医療から生活の改善へと活動を変えていった理由や思いがよく伝わる。普通の支援だったら、井戸を掘って用水路を作ってハイ終わり、となるところだろうが、彼はその先の将来まで気にしている。 だからアフガンから戻れなかったのだろう。 逆にそのことが支援のあり方を示す手本になっている。 現地をよく理解することが重要。
    中村哲さんの本を読むたびに同じ日本人としての誇りと失った喪失感を感じる。
    「人が生きて死ぬことの意味を、日本人は忘れているんじゃないかという気がするんですね。」
    彼は宮沢賢治の物語が好きで、自分をセロ弾きのゴーシュに例えている。 人の世話を面倒だと思いながらも、色々やってあげたことが結果的に良いことに繋がる。 ゴーシュは良い例えだと思う。

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

医師・PMS(平和医療団・日本)総院長。1946年福岡県生まれ。九州大学医学部卒業。日本国内の診療所勤務を経て、84年にパキスタンのペシャワールに赴任。以来、ハンセン病を中心とした貧困層の診療に携わる。86年よりアフガニスタン難民のための医療チームを結成し、山岳無医地区での診療を開始。91年よりアフガニスタン東部山岳地帯に3つの診療所を開設し、98年には基地病院PMSを設立。2000年からは診療活動と同時に、大旱魃に見舞われたアフガニスタン国内の水源確保のために井戸掘削とカレーズ(地下水路)の復旧を行う。03年より09年にかけて全長25キロメートルに及ぶ灌漑用水路を建設。その後も砂嵐や洪水と闘いながら沙漠開拓を進めた。マグサイサイ賞「平和と国際理解部門」、福岡アジア文化賞大賞など受賞多数。アフガニスタン政府から名誉市民権を授与。著書に『天、共に在り』『ペシャワールにて』『医者 井戸を掘る』『医者、用水路を拓く』『希望の一滴』など。2019年12月4日、アフガニスタンのジャララバードで凶弾に倒れる。享年73。

「2021年 『わたしは「セロ弾きのゴーシュ」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村哲の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×