そっと耳を澄ませば (NHKライブラリー)

著者 :
  • 日本放送出版協会
3.67
  • (2)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140841877

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 立ちにけり
     空(くう)にさまよふ
      あるかなき
    春の蚊すらも
     眼は持つらしき

    北原白秋の歌です。
    目を患っていた白秋はこの歌に目が見えないことに対する悔しさを込めています。

    この「そっと耳を澄ませば」の作者は盲目の方です。しかし,耳という感覚を用いてかなりすてきな生を営んでいます。

    日常生活の「音」に注意を向ける。新聞を配達するバイクの音,ゴミ収集車の音,早朝の小鳥のさえずり,電車の汽笛,電車の音。そして,自分が歩くときの音。身の回りは音にあふれています。でも注意を向ける必要がないから向けないだけ。これからはちょっとだけ聴覚に注意を向けてみようと思いました。

  • [ 内容 ]
    風の息吹、水の鼓動、生命の躍動、そして人の温かさ…。
    光を失った著者が、耳を澄ませて広げていった感性の世界。
    そこには“音の目線”があり、季節の風や夜空の花火、電車の足音や暗闇の圧力、そして人の心の温もりが次々に“見えて”くる…。
    日常に潜む豊かな世界を鮮やかに描き出す。
    第49回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

    [ 目次 ]
    雨の日の楽しみ
    句会デビュー
    帰雁の隊
    季節の使者
    大まじめな爆笑句
    永遠の宿敵
    モグラとの遭遇
    味噌作り
    春はおじさん
    究極の履物〔ほか〕

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 盲人のラジオ進出がなぜ進まないのかしら。視覚に頼らない表現がもっと生かされていい世界だと思います。

  • 三宮麻由子さんは、4歳で視力を失った方ですが、お母様の読み聞かせの海の中で育ち、上智大学仏文・大学院まで学び、エッセイストとして、感性あふれる文章を書かれます。忘れかけた「耳を澄ますこと」思い出してみませんか?

全4件中 1 - 4件を表示

そっと耳を澄ませば (NHKライブラリー)のその他の作品

そっと耳を澄ませば 単行本 そっと耳を澄ませば 三宮麻由子

三宮麻由子の作品

そっと耳を澄ませば (NHKライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする