瀬戸内寂聴の人生相談 (生活人新書)

著者 :
  • 日本放送出版協会
4.00
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140880463

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4年間付き合っていた彼氏を自殺で亡くし、落ち込んでいた時に父からこの本を渡されました。
    世の中には色んな人がいて、悩みもたくさんあって。
    でも、それでも生きている。
    彼の後を追って死のうと思っていたけど、「焦って自殺しなくても、そのうち死ねる」という言葉に感動して中止にしました(笑)

  • テレビで寂聴さんが人生相談をしているのを偶然観て、さらに、それが本になっていると知って買ってみた。ふぅ〜んって感じかな。可もなく不可もなく。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

せとうち・じゃくちょう 1922年、徳島生まれ。東京女子大学卒。1957年に「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞、1961年『田村俊子』で田村俊子賞、1963年『夏の終り』で女流文学賞を受賞。1973年に平泉中尊寺で得度、法名寂聴となる(旧名晴美)。1992年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、1996年『白道』で芸術選奨、2001年『場所』で野間文芸賞、2011年『風景』で泉鏡花文学賞受賞。1998年『源氏物語』現代語訳を完訳。2006年に文化勲章を受章。他の著書に『釈迦』『死に支度』『わかれ』『求愛』『いのち』など多数。

瀬戸内寂聴の作品

ツイートする