趣味力 (生活人新書)

著者 :
  • NHK出版
2.94
  • (6)
  • (24)
  • (48)
  • (18)
  • (12)
本棚登録 : 302
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140880647

作品紹介・あらすじ

人生の後半で、ではなく、今、趣味を始めよう。一日一九時間、仕事に没頭する毎日を送ってきた秋元康が、四〇代半ばになって趣味の陶芸に夢中になっている。今なぜこの年で趣味を始めたのか。同世代の読者にむけて、初めの一歩を強力に後押しする。人生の濃さを決める「趣味力」とは何か、著者は諄々と語りはじめた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仕事と趣味の哲学。秋元康さん流の発想を垣間見れる。

  • 成田でフライトの前に何か向こうで読むものは、と買った。飛行機の中で読み終えたが、あまり評価は出来ない。内容が、同じような話の繰り返しで、ものすごく冗長なのと、あと筆者の視点や考え方に賛同出来ない点が多くて、どうも得るものが少なかった。

    後書きを見ると、インタビューを元に書かれているとのこと。ご本人の文章でもないのかもしれない。これは読んでて、どうも商業的な、何か広告宣伝のようなスタイルの文脈がちょいちょいあったことから、なんとなくそうも感じていた。

    今という時代で、クリエイターとして最も成功していると思われる人の話、ということでそれなりに期待していたし、時間の使い方、働き方、という点では共感する部分もあったが、他人によって置き換えられた言葉、そして本としての構成がだめ、浅く思われて残念。

    趣味として陶芸のことばかり繰り返されていて、しつこいのだが、80頁あたりに、日曜日に習いに行っていると書いてあるのに、最後の方では土曜日に習いに行っていると、明らかなミスもあるし。雑だなと思う。

    全くオススメしません。結構増刷されてるのが不思議。

  • あの秋元康氏は、40代半ばを過ぎて趣味として陶芸を始めたそうだ。
    これを軸として、人生において趣味を持つことの楽しみや重要性など書いた本。

    内容としてはなるほどと思うが、40才半ばで人生の後半と言われても、もうとっくに過ぎてしまっている人間が読むと、結構つらいものがある。
    準備も何もしていなくて、ようやく仕事が暇になった人間は、どうしたものでしょうかねぇw

  • 秋元さんずっと仕事のこと考えてるとかすごい。趣味はさがすんじゃなくて、やりたいって思うもの。

  • ギャンブル 成長なし

  • 趣味とはなんなのか。と考える良いきっかけになりました。四十代向けに書かれたもののようですが二十代の自分でも共感できるところが多く、なるほどと思うところも多々ありました。趣味を始めよう、始めたいけど始められない、という人は是非読んでみていただきたいと思います。

  • 色々やってみろと言ったり、変わらないことが個性とか決めたことを貫けと言ったり、一貫してない。場当たり的

  • 秋元康が忙しい中、陶芸を始めた理由を言い回しを変えて、全編にわたり言い続けた一冊。しかも、「始めた。」ってだけの話。極度の秋元康好きくらいにしかおすすめできません。

  • 人生の後半で、ではなく、今、趣味を始めよう。一日十九時間、仕事に没頭する毎日を送ってきた秋元康が、四十代半ばになって趣味の陶芸に夢中になっている。今なぜこの年で趣味を始めたのか。同世代の読者にむけて、初めの一歩を強力に後押しする。人生の濃さを決める「趣味力」とは何か、著者は諄々と語りはじめた。(表紙裏より)

    久しぶりに「納得!」っていう新書を読んだ気がします。四十代のお父さん向けですが、二十代でも面白かったです。
    最近友人に「趣味ってどう見つければいいんだ」という話を振られ、そもそも趣味ってなんだろうと考えていた私のモヤモヤを、しっかり形にしてくれました。趣味って考えるほど複雑なものじゃなくて、要は「やりたいこと」なんですよね。難しく考えすぎて、大事なことを忘れていました。
    一方で、「楽しくないことを楽しいと思い込んでいないか」という鋭いツッコミにはドキッとしました。自分が趣味だと思っていることって、本当に趣味なんだろうか。こんな疑問を持っている時点で、趣味ではないんじゃないかな?そう考えてしまいました。
    趣味って自分がやりたいことをやればいいだけなんだけど、本当に好きなことと出会うのって、実はすごく運がいいことなんじゃないかと思います。そう思いつつ、今日も好きな本に手を伸ばし、読書に潜っていくのでした。

  • 2003年に書かれたとき、著者は、私と同い年。仕事に打ち込んできた40代が、一息着いて、ふと人生の後半を考える。趣味が、これからの人生を面白くする。

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

5月2日、おうし座生まれのO型。作詞家、放送作家、プロデューサー、漫画原作者など多方面で活躍。

「2015年 『あずきちゃん なかよし60周年記念版(5)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋元康の作品

趣味力 (生活人新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする