脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

著者 :
  • NHK出版
3.70
  • (309)
  • (547)
  • (595)
  • (69)
  • (13)
本棚登録 : 4226
レビュー : 504
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140882023

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 脳神経外科、築山節(つきやまたかし)氏の著作。「冴えない脳」を治すため、有効性の高い15個の習慣を提案します。

    1. 生活の原点を作る ― 脳を活性化させる朝の過ごし方。足・手・口をよく動かそう
    2. 集中力を高める ― 生活のどこかに「試験を受けている状態」を持とう
    3. 睡眠の意義 ― 夜は情報を蓄える時間。睡眠中の「整理力」を活用しよう
    4. 脳の持続力を高める ― 家事こそ「脳トレ」。雑用を積極的にこなそう
    5. 問題解決力を高める ― 自分を動かす「ルール」と「行動予定表」をつくろう
    6. 思考の整理 ― 忙しいときほど「机の片付け」を優先させよう
    7. 注意力を高める ― 意識して目を動かそう。耳から情報を撮ろう
    8. 記憶力を高める ― 「報告書」「まとめ」「ブログ」を積極的に書こう
    9. 話す力を高める ― メモや写真などを手がかりにして、長い話を組み立てよう
    10. 表現を豊かにする ― 「たとえ話」を混ぜながら、相手の身になって話そう
    11. 脳を健康に保つ食事 ― 脳のためにも、適度な運動と「腹八分目」を心がけよう
    12. 脳の健康診断 ― 定期的に画像検査を受け、脳の状態をチェックしよう
    13. 脳の自己管理 ― 「失敗ノート」を書こう。自分の批判者を大切にしよう
    14. 想像力を高める ― ひらめきは「余計なこと」の中にある。活動をマルチにしよう
    15. 意欲を高める ― 人を好意的に評価しよう。時にはダメな自分を見せよう
    番外.高次脳機能ドックの検査 ― 最低限の脳機能を衰えさせていないか確認しよう

    加齢とともに衰える脳を活性化するため、行動パターンを見直して、新鮮で刺激のある毎日を送りましょう、という話です。頭を使うだけでなく、手・足・口を使わないといけないですね。本を読むときも、黙読よりは音読のほうが良い。字を書くのも良い。散歩して血液の巡りを良くするのも良い。

    それと、時間の制約を設けて、終わらせることに集中こと。眠っている間の脳が記憶を整理するはたらきを活用することも重要。効率的、合理的な行動を意識せずにとれるように訓練したいなと思いました。

    ===引用ここから===
    自分の話が本当に相手に理解されているかということを常に気にかける姿勢を持って下さい。「自分の話が通じないのは女房が悪い」「話が伝わらないのは上司が悪い」と考えてしまっていないでしょうか? そういう悪い頑固さは、前頭葉の力が落ちて、変化に対応するのが辛くなっているからかも知れません。
    ===引用ここまで===

    年をとるとどうして頑固になるけれど、これは前頭葉のちからが落ちているから、ということだったのですね。ここは意識して、前頭葉を活性化させるよう、少し落ち着いて考えてみることにしよう。

  • 「フリーズする脳」の著者による、
    脳機能活性化のための紹介。
    自分がまずどのレベルにいるか、
    セルフチェックするところから始まる。
    重症の人は最初から。

    ・試験を受けている状態を1日何回作れるか。
    ・アナロジーを使える人は脳をよく使っている
    ・社会的役割のバランス

    心身ともに健全さを保つのに良。

  • 著者の築山節さんは長年、脳神経外科で臨床の現場におられた方。
    様々な症例の患者さんを治療した経験から「脳にいい生活習慣」を提唱され、2006年に上梓した本書は50万部の大ベストセラーとなりました。
    加齢とともに身体機能は減退する一方、脳は取組み次第で向上すると、脳研究者の池谷裕二さんが仰っておられたのを思い出して遅ればせながら手に取りました。

    現代人がスマホなどの2次元情報にのみ依存し、いかに脳に悪い生活を送っているかを示した上で、脳を活性化し人間らしく生きるための処方箋が示されています。

    本書の特長は、なぜそうしたほうが脳のためにいいのか、脳医学の立場から論理的に、かつ、さまざまな臨床例から実践的に語っておられる点にあると思います。(英語が堪能で一流企業に勤めていた女性に、治療のため写真教室に通ってもらった話など、興味深い例が多数あります)

    ▼脳が働くのは、脳に十分な栄養が送られている=血液が十分回っている状態。だから考えるためには軽い全身運動の散歩がいい。

    ▼脳の回転スピードをあげようとすれば、時間の制約を脳に意識させること。仕事量÷時間=脳の回転スピードという関係性。

    ▼睡眠中も、脳は昼間に獲得した情報を整理し体系づけしている。睡眠時間を削って仕事するのは却って能率が悪くなる。

    ▼脳が同時に処理できるのは、5±2が基本。脳の負担軽減のため、メモして情報を外部化することが大切。

    経験則上いいと思って実践していることもあるし、全然できていないこともあるけれど、今後の行動指針になってくれそう。築山さんも、全部実践しなさいということではなく、行動を見直すヒントとして使ってほしいと言っておられます。

    脳を身体の一部としてケアするという意識はなかったので、普段と違う視点から脳を考えるきっかけになりました。
    文章もすごく整理されていて頭にすーっと入ってきます(さすが脳研究者)。ベストセラーになるのも納得です。

  • やっぱ、早起き、運動!
    この著者の書いた勉強法の本も、今日書店で発見。
    買ってみようかしら?

  • 本を整理するのにあたって久しぶりに読んでみて、「習慣」にできているかと振り返ってみた。
    未だできていなくてこれから習慣にしたいと改めて思ったのは
    ・朝のウォームアップのための音読
    ・睡眠は思考の整理を進ませる
    ・小さな雑用を毎日続けると、脳の体力が高まる
    ・物の整理は思考の整理に通じる
    ・目を動かす時間を意識的に多く持つ
    ・報告書・メモ・ブログを積極的に書く
    ・人から受けた注意を書く

    当たり前のことのようでできていないことが多いと気づく読み返し。

  • 忙しい時ほど片付けを優先。
    朝に音読をする。
    家事は最高の脳の活性化。

  • 自分自身の可能性を高めるには良い。

  • 時間の制約があるほうが仕事の能率が上がる。

  • lifehackingで紹介されてた。最近、頭の働きの鈍化を強く感じているので是非読みたい。
    →読んでみると、ライフハック系にもつながる話だった。幾つかは自分の生活の中に取り込んでいこう。特に「小さく自分を律することの積み重ね」が、今の自分には必要な気がする。

    mmsn01-

    【ノート】
    習慣1 生活の原点をつくる
    ・特にナシ

    習慣2 集中力を高める
    ・時間的制約を自らに課す
    ・集中力や頭の回転の速さは、それ自体を「上げよう」と思っても上げられない
    ・意志的にできるのは、時間と仕事の量の関係をはっきり認識すること

    習慣3 睡眠の意義
    ・夜は中途半端な勉強→今日起こったことのまとめ、明日の予習、新たな知識、など
     →寝ている間に脳に整理してもらう

    習慣4 脳の持続力を高める
    ・前頭葉のタフさをきたえる→<b>面倒くささに耐える</b>→毎日自分を小さく律することが、大きな困難にも負けない耐性を育てる
    ・選択、判断、系列化→これを鍛えるには家事がもっともよいトレーニングになる

    習慣5 問題解決能力を高める
    ・書類の整理など、些末なことはルール化する
    ・一日の行動予定表を作る、問題解決までのプロセスを書いてみるのも脳によい

    習慣6 思考の整理
    ・物の整理は思考の整理につながる。忙しかったり混乱している時には机を機能的に整理することから始める

    習慣7 注意力を高める
    ・小さな平面だけ見てると脳は退化する。目も動かしてないし。
    ・目を動かす(しかも立体的奥行きで)

    習慣8 記憶力を高める
    ・出力を意識して情報を取る
    ・その意味でブログとか、いい。文章にまとめるのもいい。

    習慣9 話す力を高める
    ・特にナシ

    習慣10 表情を豊かにする
    ・相手の立場に立って、比喩を用いて
    ・この辺りは「ハイ・コンセプト」と同じ

    習慣11 脳を健康に保つ食事
    ・特にナシ

    習慣12 脳の健康診断
    ・特にナシ

    習慣13 脳の自己管理
    ・よく陥る失敗について書き留める。時間も一緒だといいカモ。
    ・人からの注意などを書き留めておく。

    習慣14 創造力を高める
    ・特にナシ

    習慣15 意欲を高める
    ・「上手くできていることはたくさんあるはずですが、理想が高すぎるので、その小さな乗り越えに自分で気づけないし、周りも気づかせてくれない。どんどん意欲が低下していって、脳の活動が低下する」
    ・人を好意的に評価する、また、生活のどこかでダメな自分を見せる、いちばんできない生徒である場をつくる(写真教室の例)

  • 頭が冴える習慣ということであるが、やはり規則正しい生活を行うのが一番ということ。そしてそれはいかに自分をコントロールできるか、というのが重要。
    脳を機能的に使いこなすために知っておいた方がよい知識なども。

著者プロフィール

(財)河野臨床医学研究所附属北品川クリニック所長

「2018年 『[図解]「疲れない脳」をつくる39の習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)のその他の作品

築山節の作品

ツイートする